月別アーカイブ: 2017年2月

[鳥栖]「年間第8主日」ミサ説教(2017.2.26.)

鳥栖教会11時からの「年間第8主日」の説教

「…何よりもまず、神の国とその義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」

鳥栖教会の説教では先日購入した65インチのテレビをインターネットに接続して、教皇の二つのメッセージを見聞きしました。

二つのメッセージを観る前の導入の言葉(2分)

フランシスコ教皇ビデオメッセージ1(2016.2.)1分20秒

フランシスコ教皇ビデオメッセージ2(2017.2.)1分10秒

説教の後半(4分)[鳥栖]ここをクリックして聴くことができます。

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

[小郡]「年間第8主日」前晩ミサ説教(2017.2.25.)

小郡教会19時30分からの「年間第8主日」前晩の説教[7分]。

「…何よりもまず、神の国とその義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」

[小郡]ここをクリックして聴くことができます。

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

「わたしのため、福音のために」[2017.2.28.オミリア]

《年間第8火曜日》聖クララ会聖堂で6時30分から行われたミサのオミリア[11分]を聴くことができます。明日は「灰の水曜日」。明日から四旬節が始まります。ミサは修道院で6時30分、鳥栖で10時30分、小郡で19時30分から「灰の式」とともに行われます。

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

《…イエスは言われた。「はっきり言っておく。わたしのためまた福音のために、家、兄弟、姉妹、母、父、子供、畑を捨てた者はだれでも、今この世で、迫害も受けるが、家、兄弟、姉妹、母、子供、畑も百倍受け、後の世では永遠の命を受ける。…」

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

邪魔してはいけない[2017.2.25.オミリア]

《年間第7土曜日》基山教会聖堂で7時から行われたミサのオミリア[10分]を聴くことができます。

[基山]ここをクリックして聴くことができます。

《イエスに触れていただくために、人々が子供たちを連れてきた。弟子たちはこの人人々を叱った。しかし、イエスはこれを見て憤り、弟子たちに言われた。…

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

だれの側につこうとしているのか[2017.2.24.オミリア]

《年間第7金曜日》聖クララ会修道院聖堂で6:30から行われたミサのオミリア[12分]を聴くことができます。

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

《…群衆がまた集まって来たので、イエスは再びいつものように教えておられた。ファリサイ派の人々が近寄って、「夫が妻を離縁することは、律法に適っているでしょうか」と尋ねた。イエスを試そうとしたのである。…

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

地獄[2017.2.23.オミリア]

《聖ポリカルポ司教殉教者:年間第7木曜日》聖クララ会修道院聖堂で6:30から行われたミサのオミリア[8分]を聴くことができます。

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

《…地獄では蛆(うじ)が尽きることも、火が消えることもない。人は皆、火で塩味を付けられる。塩は良いものである。だが、塩に塩気がなくなれば、あなたがたは何によって塩に味を付けるのか。自分自身の内に塩を持ちなさい。そして、互いに平和に過ごしなさい。》

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

ペトロの使命[2017.2.22.オミリア]

《聖ペトロの使徒座:年間第7水曜日》聖クララ会修道院聖堂で6:30から行われたミサのオミリア[11分]を聴くことができます。

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

聖ペトロとその後継者ローマ教皇。その使命は今日の第一朗読(1ペトロ5・1-4)と福音(マタイ16・13-19)に示されています。《あなたがたにゆだねられている、神の羊の群れを牧しなさい。強制されてではなく、神に従って、自ら進んで世話をしなさい。卑しい利得のためにではなく献身的にしなさい。ゆだねられている人々に対して、権威を振り回してもいけません。むしろ、群れの模範となりなさい。そうすれば大牧者がお見えになるとき、…》

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

[鳥栖]「年間第7主日」ミサ説教(2017.2.19.)動画

鳥栖教会11時からの「年間第7主日:子どもとともにささげるミサ」の様子と説教[13分]。

「…あなたがたの天の父の子となるためである。…あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい。」

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

「主」という言葉[2017.2.21.オミリア]

《年間第7火曜日》聖クララ会修道院聖堂で6:30から行われたミサのオミリア[8分]を聴くことができます。

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

「主」という言葉をよく使う。その意味は…。

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

[鳥栖]「年間第7主日」ミサ説教(2017.2.19.)

鳥栖教会11時からの「年間第7主日:子どもとともにささげるミサ」の説教[13分]。

「…あなたがたの天の父の子となるためである。…あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい。」

[鳥栖]2017.2.19.←ここをクリックして聴くことができます。

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***