• バチカンの朝

    バチカンの朝

  • バルト海

    バルト海

  • フランシスコ大聖堂

    フランシスコ大聖堂

ひかり

最近
ひかりが
すごく気になる

ひかりって
あるんだろうか

闇があるから
ひかりがあるのか

ひかりがあるから
闇があるのか

それにしても
闇の中で
ひかりをみるとき
なんともいえない
希望に満たされるのは
なぜだろうか

makoto

 

あかん坊の瞳

あかん坊の瞳をみると

もうだめだ

神がいないなんて

いえなくなる

makoto

 

  • Izabella

    Izabella

  • 瞳

人のこころの中に

ひとのこころの中に

いま

どれだけの人が

住んでるかによって

その人の

こころの大きさは

きまるのだろう

 

住んでる人が

多ければ多いほど

その人は

それだけ

やさしいに

ちがいない

makoto

 

  • 祈り ールルド

    祈り ールルド

  • 少年と鶏

    少年と鶏

出会いの不思議さ

出会いの不思議さ…
いいふるされたことばだけど
出会いはいつも新しい

出逢わせてくれる
神秘な力が…

磁石が
鉄をくっつけるように

みえない力が
人をくっつける
makoto

 

  • 子ども二人

    子ども二人

  • ラテラノ教会と聖フランシスコ像

    ラテラノ教会と聖フランシスコ像

つかれて

つかれてつかれて
とてもだるいとき
ぼくは
床に入って
シンフォニーを聴く
そんなときは
シューベルトの8番
耳から入った音楽が
体中をかけめぐる
からだが
だんだんのびていって
自分がおおきくなって
そして
指先から
足の先から
スーッと
音が抜けていく
ピアニッシモから
フォルティッシモへ
だんだん
クレッシェンドになって
音が指先までいくと
どんどん
どんどん
抜けていく
音が
体の中を流れて
そして出ていく
いろんな思いが
みんな出ていく
からっぽになって
ぼくは夢をみる
makoto

 

いろんな人が

いろんな人が
ぼくをつくっていく
いろんな出来事が
ぼくをつくっていく
いろんな出会いが
ぼくをつくっていく
神さまから
つくられた自分は
人をとおして
出来事をとおして
つくられていく
つくられつづけていく
外にむかって
どれだけ自分を
ひらくことができるか
その度合いによって
自分が
自分らしくなっていく
神さまの
創造の業は
このぼくの中でも
つづいている
makoto

 

  • 聖母と子ども

    聖母と子ども

  • 遊具

    遊具

ながれろ

ながれろ

ながれろ

どんどん  ながれろ

よどむぞ

におうぞ

きたないぞ

ながれろ

ながれろ

どんどん  ながれろ

makoto

 

  • ナイアガラの滝

    ナイアガラの滝

  • 平尾台雲

    平尾台雲

深呼吸

深呼吸をして
こころを落ちつかせる
背すじをのばす
目をつぶる
しずかに しずかに
自分の息が聞こえるほどに
時の音が聞こえるほどに
沈黙の音が聞こえるまでに
こころを
落ちつける
そしたら聞こえてくる
そしたらみえてくる
自分が
あの方が
こころで感じれて
みえてくる
生きている自分が
よくみえてくる
生かされている自分が
とてもよく
みえてくる
makoto

 

  • ゲツセマネ

    ゲツセマネ

  • たんぽぽ

    たんぽぽ

人生は新しいノート

人生は新しいノートみたいだ

いま

ぼくのノートは何ページ目かな

気づかないうちに

何ページかがすぎ去った

いつごろからか

意識しながらページをめくる

ページをめくるたびに

スーンといいかおりがする

あたらしいってすばらしい

今日は何を書こうか

あたらしいページ……

makoto

 

  • ニヨン

    ニヨン

  • 鉄橋

    鉄橋

ほっとできるワンページ。写真やイラスト・詩や音楽…。