作成者別アーカイブ: yamamotomakoto

教皇とバチカン関係者の四旬節黙想会続く

2018年2月21日バチカン放送日本語課の記事より

教皇とバチカン関係者の四旬節黙想会続く

ローマ郊外アリッチャで、教皇フランシスコとバチカンの高位聖職者らの四旬節黙想会が続いている。

アリッチャにある聖パウロ修道会の黙想の家、「カーサ・ディヴィン・マエストロ」で、2月18日(日)午後から始まった黙想会は、ポルトガル出身のジョゼ・トレンティーノ・デメンドンサ神父の指導の下、23日(金)まで行なわれる。

黙想会中の日々は、朝のミサに始まり、午前と午後に一回ずつデメンドンサ神父による講話、夕方には晩課、黙想、聖体礼拝が行なわれる。

21日(水)、教皇は黙想会に参加中のため、バチカンでの一般謁見は開催されなかった。

同日午前、デメンドンサ神父は、「世界中の涙をご自分のもとに集めるイエス」をテーマに黙想のための講話を持った。

デメンドンサ神父は、ルカ福音書中に登場する、年齢も立場も異なる様々な女性たちの存在に注目。

言葉ではなく、涙や態度で人生の苦しみや喜び、慰めと救いへの希望を表現する福音書の女性たちから、イエスへの信仰と奉仕を学ぶよう招いた。

涙は死への欲求ではなく、むしろ生きることへの渇きであり、涙はそのメッセージを受け取ってくれる相手を常に必要としていると同神父は指摘。

また、涙はわたしたちの人生の喜びや悲しみの歴史、履歴書であるとも話した。

神はわたしたちが人生の中で流した涙、また流せなかった涙をすべてご存知であり、これら全部の涙を集め、祈りとして受け入れられる、イエスの前で涙を流した女性たちのように、わたしたちも神を信頼し、その前で涙を隠してはならないと説いた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[クララ]信仰の礎《聖ペトロの使徒座》[2018.2.22.オミリア]

《聖ペトロの使徒座》聖クララ修道会聖堂で6時30分から行われたミサのオミリア[4分]を聴くことができます。

*聖ペトロの司教座の記念日は、使徒ペトロを礎として建てられた教会の一致のしるしとして、すでに四世紀にローマで祝われていた。(『毎日の読書』より)

当日の聖書朗読箇所をぜひお読みになってください。あなたへのメッセージに気づかれると思います。少しずつ慣れて来られると「み言葉」があなたの中で生きていることを感じられるでしょう

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

【集会祈願】全能の神よ、あなたは使徒の信仰をいわおとして、教会をゆるぎないものとしてくださいました。聖ペトロと同じ信仰を宣言するわたしたちが、困難の中にあっても、打ちひしがれることのないように強めてください。聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

【福音】イエスは、フィリポ・カイサリア地方に行ったとき、弟子たちに、「人々は、人の子のことを何者だと言っているか」とお尋ねになった。弟子たちは言った。「『洗礼者ヨハネだ』と言う人も、『エリヤだ』と言う人もいます。ほかに、『エレミヤだ』とか、『預言者の一人だ』と言う人もいます。」イエスが言われた。「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか。」シモン・ペトロが、「あなたはメシア、生ける神の子です」と答えた。すると、イエスはお答えになった。「シモン・バルヨナ、あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、わたしの天の父なのだ。わたしも言っておく。あなたはペトロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。陰府(よみ)の力もこれに対抗できない。わたしはあなたに天の国の鍵を授ける。あなたが地上でつなぐことは、天上でもつながれる。あなたが地上で解くことは、天上でも解かれる。」(マタイによる福音書16章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[クララ]時のしるし《四旬節第1水曜日》[2018.2.21.オミリア]

《四旬節第1水曜日》聖クララ修道会聖堂で6時30分から行われたミサのオミリア[2分]を聴くことができます。

当日の聖書朗読箇所をぜひお読みになってください。あなたへのメッセージに気づかれると思います。少しずつ慣れて来られると「み言葉」があなたの中で生きていることを感じられるでしょう

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

【福音】[そのとき、]群衆の数がますます増えてきたので、イエスは話し始められた。「今の時代の者たちはよこしまだ。しるしを欲しがるが、ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられない。つまり、ヨナがニネベの人々に対してしるしとなったように、人の子も今の時代の者たちに対してしるしとなる。…また、ニネベの人々は裁きの時、今の時代の者たちと一緒に立ち上がり、彼らを罪に定めるであろう。ニネベの人々は、ヨナの説教を聞いて悔い改めたからである。ここに、ヨナにまさるものがある。」(ルカによる福音書11章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[鳥栖]四旬節第1主日[2018.2.18.]

子どもとともにささげるミサを行いました。教皇フランシスコは2月4日のお告げの祈りの時に、今週の四旬節第1金曜日を「平和のための祈りと断食の日」とし、特にコンゴ民主共和国と南スーダンのために祈り、断食するよう求められました。そのため、今日の子どもミサでは以下の画像、動画を観て、先ず現実を見つめることから始めました。

『平和のための祈りと断食の日』2018年2月23日(金)
2 月 4 日、教皇はバチカンで行われた日曜正午の祈りの集いで、現在世界の様々な地域で続いている悲劇的な紛争を前に、四旬節第一主日 後の金曜日、23 日を、平和のための特別な祈りと断食の日としたいと発表。 そして、この祈りの日を、特にコンゴ民主共和国と南スーダンのため に捧げたいと述べられた。
天の御父が常にご自分に向けられた子らの苦しみの叫びを聞かれるように、わたしたちもこの叫びを聞き、一人ひとりが神の前で良心をもって、「平和のためにわたしに何ができるでしょうか」と問うようアピールされた。バチカン放送局ホームページより)
2018.2.16.BBCジャパン
6人に1人の子供が紛争影響下=セーブ・ザ・チルドレン
6人に1人の子供が国際的な紛争地域の中で暮らしていると、慈善団体セーブ・ザ・チルドレンは新たに発表された報告書で指摘した。
Image copyrightREUTERSImage caption
 ローマ法王、紛争地の「子供たちにイエスを見る」2017.12.25.

ローマ法王フランシスコ1世は25日 、クリスマス恒例のメッセージで、世界各地の紛争地の子供たちにイエス・キリストの姿を見ると繰り返した。

http://www.bbc.com/japanese/video-42481980

コンゴ民主共和国

南スーダン

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇とバチカン高位聖職者の四旬節黙想会始まる

2018年2月19日バチカン放送日本語課の記事より

教皇とバチカン高位聖職者の四旬節黙想会始まる

教皇フランシスコとバチカンの高位聖職者らによる、四旬節の黙想会がローマ郊外アリッチャで始まった。

教皇が、教皇庁におけるご自分の協力者らと、四旬節に数日間の黙想を行なわれるのは、毎年恒例となっている。

2月18日(日)、教皇はバチカンで行われた正午の祈りの後、午後から参加者らとバスでアリッチャの黙想の家「カーサ・ディヴィン・マエストロ」に向かわれた。

今年の四旬節黙想会の指導を務めるのは、神学者で詩人でもある、ポルトガルのリスボン・カトリック大学の副学長、ジョゼ・トレンティーノ・デメンドンサ神父。

黙想は、2月23日(金)まで続く。この期間中、教皇は水曜日の一般謁見などをはじめとする公務は行なわない。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

「四旬節は霊的な闘いの時」教皇、日曜正午の祈りで

2018年2月19日バチカン放送日本語課の記事より

「四旬節は霊的な闘いの時」教皇、日曜正午の祈りで

教皇フランシスコは、2月18日、日曜正午の祈りの集いを持たれた。

この日は時おり雨の降る不安定な空模様にも関わらず、バチカンの聖ペトロ広場には大勢の巡礼者が訪れ、教皇の言葉に耳を傾けた。

復活祭前の準備期間「四旬節」に入ってから最初の主日(日曜日)、教皇はこの日の福音朗読箇所、荒れ野で誘惑を受けるイエスのエピソード(マルコ1,12-15)をめぐり説教を行われた。

イエスはこの世における使命を準備するために荒れ野に行ったと教皇は説明。

イエスには回心の必要はないが、人間としてこの誘惑を体験する必要があった、それは自分のため、御父への従順のため、またわたしたちに誘惑に勝つ恵みを与えるためであったと話された。

教皇は、イエスの荒れ野における準備の内容は、サタンと戦うことにあったと述べつつ、わたしたちにとっても、四旬節は霊的な闘いの時であり、わたしたちは祈りを通して、神の助けと共に、日常生活の中で悪と対決し、それに勝つようにと招かれていると説かれた。

わたしたちの人生や、自分たちの周りに働く悪の存在について、教皇は、暴力や、排他主義、戦争、不正義などの見られる場所に悪の業を見ることができると話された。

荒れ野で誘惑を受けた後、イエスはすぐに「善き知らせ」、すなわち福音を述べ伝え始める。

「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」(マルコ1,15)という、イエスの善き知らせは、人間に悔い改めと信仰を要求していると、教皇は指摘。

十分に神の方に向き合っていないわたしたちは、毎日回心し、頭と心を常に神の方に向け続ける必要があると説かれた。

回心のためには、わたしたちに道を外れさせるすべてのこと、わたしたちのエゴイズムを欺瞞に満ちた方法で惹きつける偽の価値観などを跳ね返す勇気が必要であり、同時に、主ご自身に、また主の優しさ、わたしたち一人ひとりに用意された愛のご計画に信頼することが大切と語られた。

四旬節は悔悛の時であるが、悲しみの時、喪に服す時ではないと述べた教皇は、それは、わたしたちのエゴイズムや古い人間を脱ぎ捨て、洗礼の恵みにふさわしく自分を刷新する、喜びと真摯さに満ちた努力の時であると話された。

教皇は、回心の歩みと悪に対する闘いをテーマにしたこの日、ご自身の思いを特に受刑者らに向けられた。

「主は赦すことにおいて疲れを知らない」と話す教皇は、刑務所にいるすべての受刑者に対し、いつくしみ深い主の眼差しのもとで、四旬節を自分の人生の和解と刷新の機会とするよう励ましを述べられた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[クララ]祈るときには《四旬節第1火曜日》[2018.2.20.オミリア]

《四旬節第1火曜日》聖クララ修道会聖堂で6時30分から行われたミサのオミリア[4分]を聴くことができます。

当日の聖書朗読箇所をぜひお読みになってください。あなたへのメッセージに気づかれると思います。少しずつ慣れて来られると「み言葉」があなたの中で生きていることを感じられるでしょう

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

【第一朗読】[主は言われる。]雨も雪も、ひとたび天から降れば むなしく天に戻ることはない。それは大地を潤(うるお)し、芽を出させ、生い茂らせ 種蒔く人には種を与え 食べる人には糧を与える。そのように、わたしの口から出るわたしの言葉も むなしくは、わたしのもとに戻らない。それはわたしの望むことを成し遂げ わたしが与える使命を果たす。

【福音】[そのとき、イエスは弟子たちに言われた。]「あなたがたが祈るときは、異邦人のようにくどくどと述べてはならない。異邦人は、言葉数が多ければ、聞き入れられると思い込んでいる。彼らのまねをしてはならない。あなたがたの父は、願う前から、あなたがたに必要なものをご存じなのだ。だから、こう祈りなさい。『天におられるわたしたちの父よ、御名が崇(あが)められますように。御国が来ますように。御心が行われますように、天におけるように地の上にも。わたしたちに必要な糧を今日与えてください。わたしたちの負い目を赦してください、わたしたちも自分に負い目のある人を赦しましたように。わたしたちを誘惑に遭(あ)わせず、悪い者から救ってください。』(マタイによる福音書6章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[小郡]「四旬節第1主日」ミサ説教(2018.2.18.)

《四旬節第1主日》小郡教会聖堂で8時30分から行われたミサの説教[14分]を聴くことができます。

[小郡]ここをクリックして聴くことができます。

【集会祈願】いつくしみ深い神よ、あなたはすべての人を神の国の喜びへと招いておられます。四旬節の初めにあたり、きょう洗礼志願者を迎える教会の一人ひとりが、悪を退け、福音を信じて生きる者となりますように。聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

【福音】[そのとき、]”霊”はイエスを荒れ野に送り出した。イエスは四十日間そこにとどまり、サタンから誘惑を受けられた。その間、野獣と一緒におられたが、天使たちが仕えていた。ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えて、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた。(マルコ福音書1章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[小郡]「四旬節第1主日」前晩ミサ説教(2018.2.17.)

《四旬節第1主日:前晩》小郡教会聖堂で19時30分から行われたミサの説教[12分]を聴くことができます。

[小郡]ここをクリックして聴くことができます。

【集会祈願】いつくしみ深い神よ、あなたはすべての人を神の国の喜びへと招いておられます。四旬節の初めにあたり、きょう洗礼志願者を迎える教会の一人ひとりが、悪を退け、福音を信じて生きる者となりますように。聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

【福音】[そのとき、]”霊”はイエスを荒れ野に送り出した。イエスは四十日間そこにとどまり、サタンから誘惑を受けられた。その間、野獣と一緒におられたが、天使たちが仕えていた。ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えて、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた。(マルコ福音書1章)

 

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]