カテゴリー別アーカイブ: み言葉

「灰の水曜日」の典礼

「灰の水曜日」の典礼(ミサ)で使われる「言葉」は以下のとおりです。ミサ、「灰の式」に参加できない方も、この「み言葉」で黙想してみてください。

《入祭唱》(知恵11・23-24参照) 神よ、あなたはすべてのものをあわれみ、お造りになったものを一つも嫌われることはない。あなたは人の罪を見逃し、回心する人をゆるしてくださる。まことにあなたはわたしたちの神。

《集会祈願》 人々の回心をお望みになる神よ、四旬節の初めに当たり、福音を信じてキリストの弟子となったわたしたちに、悪霊に対して戦う力をお与えください。聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

《第一朗読》(ヨエル2・12-18) 新共同訳

 主は言われる。「今こそ、心からわたしに立ち帰れ 断食し、泣き悲しんで。衣を裂くのではなく お前たちの心を引き裂け。」あなたたちの神、主に立ち帰れ。主は恵みに満ち、憐れみ深く 忍耐強く、慈しみに富み くだした災いを悔いられるからだ。あるいは、主が思い直され その後(あと)に祝福を残し あなたたちの神、主にささげる穀物とぶどう酒を残してくださるかもしれない。/シオンで角笛を吹き 断食を布告し、聖会を招集せよ。民を呼び集め、会衆を聖別し 長老を集合させよ。幼子(おさなご)、乳飲み子を呼び集め 花婿を控えの間から 花嫁を祝いの部屋から呼び出せ。祭司は神殿の入り口と祭壇の間で泣き 主に仕える者は言うがよい。「主よ、あなたの民を憐れんでください。あなたの嗣業(しぎょう)である民を恥に落とさず 国々の嘲り(あざけり)の種としないでください。『彼らの神はどこにいるのか』と なぜ諸国の民に言わせておかれるのですか。」/そのとき 主は御自分の国を強く愛し その民を深く憐れまれた。

 《第二朗読》2コリント5・20〜6・2 本田哲郎訳「コリントの人々への手紙」 新世社

 小さくされた者たちは、人々を神と和解させる介添え人(かいぞえにん)

 それで、わたしたちは神がうながされるままに、キリストの代理をつとめています。/キリストに代わってお願いします。神と和解してください。神は、道のふみはずしとは縁のない方を、わたしたちのために道をふみはずさせたのです。そのおかげで、わたしたちはその方と一体のものになることによって、神の正義を身に帯びる者となっています。/神に協力する者としてわたしたちはお願いします。あなたたちが受けた神の好意をむだにしないようにしてください。神は言っておられます。「しかるべき時に、わたしはあなたの願いを聞き入れた。救いの日に、あなたを助けた」。(イザヤ49・8)さあ、今こそ、そのしかるべき時、きょうこそ救いの日です。

《詠唱》詩編95・8ab参照)*四旬節の間は「アレルヤ唱」ではなく「詠唱」となります。

 神にこころを閉じてはならない。きょうこそかみのことばを聞こう。

《福音》マタイ6・1-6、16-18 本田哲郎訳「小さくされた人々のための福音—四福音書および使徒言行録—」  新世社

解放のための行いで、人々の受けをねらうな

 「解放のためのあなたたちの行いを、見てもらうために人前ですることのないように、気をつけなさい。さもないと、天の父のもとでむくいはない。あなたが痛みを覚えて援助をするときには、あの偽善者たちが会堂や街角でしているように、自分の前でラッパを吹き鳴らしてはならない。はっきり言っておく。かれらはすでいむくいを受けている。痛みを覚えて援助をするときは、右手のすることを左手に分からせないようにしなさい。こうして、あなたのその援助はかくれたものとなる。それで、かくれたところで見ておられる父が、あなたにむくいてくださるのだ」。

貧しく小さくされた者の祈りは、かならず聞かれる(ルカ11・2-4)

「あなたたちが祈るときには、あの偽善者たちのようであってはならない。かれらは、人々に見えるように、会堂や大通りの角に立って祈るのをこのむ。はっきり言っておく。かれらはすでにむくいを受けている。あなたが祈るときは、物置に入って戸をしめ、かくれたところにおられる父に祈りなさい。そうすれば、かくれたところで見ておられる父が、あなたにむくいてくださるのだ。

断食しても、しずんだ顔つきをするな

「断食するときには、あなたたちはあの偽善者たちのように、しずんだ顔つきをしてはならない。かれらは、断食していることが人々に分かるように、顔をよごす。はっきり言っておく。かれらはすでにむくいを受けている。断食するとき、あなたは頭に油をつけ、顔を洗いなさい。断食していることが人に気づかれず、かくれたところにおられるあなたの父に見ていただくためである。そうすれば、かくれたところで見ておられるあなたの父が、むくいてくださるのだ」。

 《灰の祝福》*説教の後、司祭は灰を祝福する

 皆さん、回心のしるしとしてわたしたちが頭に受けるこの灰を、神である父が祝福してくださるよう、心から祈りましょう。

 全能の神よ、あなたは、罪びとの死ではなく回心を望まれます。わたしたちの祈りをいつくしみ深く聞き入れ、この灰を祝福してください。土から出て土に帰って行くわたしたちが、四旬節の務めに励み、罪のゆるしを受けて新しいいのちを得、復活された御子の姿にあやかることができますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

週日のミサでのオミリア(小説教)について

基本的に月曜日、土曜日の朝ミサは行っておりませんが(基山では第二、第四土曜日にミサがあります)、その他の週日朝ミサでのオミリアの録音をこのブログにアップしています。関連朗読箇所も必要に応じて紹介していますので、その聖書本文をぜひ読まれることをお勧めします。神のみ言葉はそれを聴く(読む)一人ひとりに語りかけておられますので、そのみ声に耳を傾けると、神さまが、お一人お一人に直接に語りかけてくださいます。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

今日のみ言葉(2015.4.18.)

L1000785

「弟子たちはイエスを舟に引き上げようとしたが、はやくも舟はめざす地に着いた。」

《今日の福音》ヨハネ6・16-21 本田哲郎訳「小さくされた人々のための福音—四福音書および使徒言行録—」

夕刻になり、弟子たちは湖の岸辺に降りていき、舟に乗って、湖の向こう岸のカファルナウムに向かった。すでに暗くなっていた。イエスはまだ弟子たちのところに帰ってきていなかった。大風が吹いて、湖は荒れはじめた。四、五キロばかりすすんだあたりで、弟子たちは湖に沿って歩いて舟に近づいてくるイエスを見て、おびえた。イエスは、「わたしだ(=神の名)。恐れることはない」と言った。弟子たちはイエスを舟にひき上げようとしたが、はやくも舟はめざす地に着いた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

今日の福音(2015.4.13.)

「…はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。…」[ヨハネ3・1-8]

L1000068

 

《今日の福音》ヨハネ3・1-8 新共同訳

さて、ファリサイ派に属する、ニコデモという人がいた。ユダヤ人たちの議員であった。ある夜、イエスのもとに来て言った。「ラビ、わたしどもは、あなたが神のもとから来られた教師であることを知っています。神が共におられるのでなければ、あなたのなさるようなしるしを、だれも行うことはできないからです。」イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」ニコデモは言った。「年をとった者が、どうして生まれることができましょう。もう一度母親の胎内に入って生まれることができるでしょうか。」イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。肉から生まれたものは肉である。霊から生まれたものは霊である。『あなたがたは新たに生まれねばならない』とあなたに言ったことに、驚いてはならない。風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。霊から生まれた者も皆そのとおりである。」

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

「聖土曜日」復活の予感

IMG_2755

「…その後、イエスの弟子でありながら、ユダヤ人たちを恐れて、そのことを隠していたアリマタヤ出身のヨセフが、イエスの遺体を取り降ろしたいと、ピラトに願い出た。ピラトが許したので、ヨセフは行って遺体を取り降ろした。そこへ、かつてある夜、イエスのもとに来たことのあるニコデモも、没薬(もつやく)と沈香(じんこう)を混ぜた物を百リトラばかり持って来た。彼らはイエス・キリストの遺体を受け取り、ユダヤ人の埋葬の習慣に従い、香料を添えて亜麻布で包んだ。イエスが十字架につけられた所には園があり、そこには、だれもまだ葬られたことのない新しい墓があった。その日はユダヤ人の準備の日であり、この墓が近かったので、そこにイエスを納めた。」[ヨハネ18・38-42]

★復活徹夜祭は今晩19時30分からです。明日の「復活祭:日中のミサ」は午前10時からです。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

今日のみ言葉 四旬節第5土曜日(2015.3.28.)

主はわたしたちの「真ん中」にいてくださる…のです。

《今日のミサの第一朗読から》エゼキエル37・21-28 新共同訳

主なる神はこう言われる。…わたしは彼らの住居を定め、彼らを増し加える。わたしはまた、永遠に彼らの真ん中にわたしの聖所を置く。わたしの住まいは彼らと共にあり、わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。わたしの聖所が永遠に彼らの真ん中に置かれるとき、諸国民は、わたしがイスラエルを聖別する主であることを知るようになる。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]