カテゴリー別アーカイブ: バチカン

教皇、南スーダンとコンゴ民主共和国の平和のために祈る

2017年11月23日バチカン放送日本語課の記事より

教皇、南スーダンとコンゴ民主共和国の平和のために祈る

教皇フランシスコは、南スーダンとコンゴ民主共和国の平和を祈願された。

11月23日午後、教皇はバチカンの聖ペトロ大聖堂の司教座の祭壇で、南スーダンとコンゴ民主共和国の平和のための祈りをとり行われた。

スワヒリ語や英語の聖歌と、聖書朗読を交えながら行われたこの集いで、参加者らは、無関心と分裂を乗り越え、希望のために働く人、平和の真の証し人となれるよう、回心を祈り求めた。

そして、戦争の犠牲者である女性たち、暴力の無実の犠牲者たちのために祈りを捧げ、同時に、紛争の当事者、地域と国際社会の責任者、両国の平和構築に取り組む人たち、故郷を追われた避難民たちのためにも祈った。

参加者らは、南スーダンとコンゴ民主共和国の人々をキリストの傷ついた体として見つめながら、信仰のもとに希望と愛と平和が可能となり、神の似姿である人間の命が常に尊重、保護されることを願った。

集いの説教で、教皇は、南スーダンとコンゴ民主共和国、そして争いに傷ついたすべての地に、祈りを通して平和の種を蒔きたいと話された。

教皇は、南スーダンへの訪問を望んだが実現できなかったことを語りつつ、「祈りは神の力と共に働くもの、神にとって不可能はない」、「復活されたキリストゆえに、わたしたちは平和は可能であると信じている」と説かれた。

「イエス・キリストはわたしたちの平和」と述べた教皇は、「復活の主が兄弟たちを隔てる敵意の壁を壊してくださるように」、「主がわたしたち皆を、それぞれの置かれた場所において、平和を作り出す人としてくださるように」と祈った。

教皇は最後に、聖母像2体を祝別された。神の母マリアの助けのもと、兄弟愛と平和への相互努力が育まれることを願って、これらの聖母像は南スーダンとコンゴ民主共和国にもたらされる。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

日本・バチカン国交樹立75周年記念ミサ、聖ペトロ大聖堂で

2017年11月23日バチカン放送日本語課の記事より

日本・バチカン国交樹立75周年記念ミサ、聖ペトロ大聖堂で

日本とバチカンの国交樹立75周年を記念するミサが、11月22日、バチカンの聖ペトロ大聖堂でとり行われた。

1942年、日本とバチカンの間に完全な外交関係が結ばれてから、75周年を迎えた今年、茶道や、能、オペラ、シンポジウム、コンサートなど、一年を通して、ローマで様々な記念行事が行われた。

22日、バチカンでのミサは、大聖堂の「司教座の祭壇」において、聖ペトロ大聖堂主席司祭、バチカン市国における教皇代理、アンジェロ・コマストリ枢機卿によって捧げられ、ローマ在住の日本人司祭らがこれを共同司式した。

ミサには、中村芳夫在バチカン日本国特命全権大使をはじめ、ローマのカトリック日本人共同体、日本や世界各地からの巡礼者らが参列。

日本から参加した六本木男声合唱団のコーラスが、儀式をいっそう荘重なものとした。

コマストリ枢機卿は、ミサ中の説教で、医学者アルベルト・シヴァイツアーや、マザー・テレサの、深い信仰に培われた、労苦を厭わない愛徳の実践を思い起こしながら、すべてのキリスト者は愛の奉仕に招かれていると話した。

そして、コマストリ枢機卿はミサの中で、日本と日本国民の発展と貢献を参列者らと共に祈った。

ミサの前日、11月21日夜には、ローマ市内の聖イグナチオ・デ・ロヨラ教会で、日本・バチカン国交樹立75周年記念コンサートが開かれた。

コンサートでは、 三枝成彰氏の作曲「最後の手紙」が、六本木男声合唱団とオーケストラ・ディ・ローマによって演じられた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

貧しい人のための世界祈願日:教皇参加の昼食会、バチカンで

2017年11月20日バチカン放送日本語課の記事より

貧しい人のための世界祈願日:教皇参加の昼食会、バチカンで

カトリック教会の第1回目の「貧しい人のための世界祈願日」が記念された11月19日、教皇フランシスコ参加のもと、バチカンで昼食会が催された。

教皇はこの日、午前中のミサと正午の祈りの後、ミサの参加者らと食卓を共に囲まれた。

会場となったパウロ6世ホールには、経済的に恵まれない人々や、支援を必要とする人々ら、ミサの参加者のうち、およそ1500人が招待され、イタリアやヨーロッパ諸国から集ったボランティアの人々に付き添われながら、日曜日の昼食をとった。

その他の参加者らは、ローマ市内の多くの神学院や、カリタスの食堂、聖エジディオ共同体などに招かれ、昼食のひと時を関係者らと共に過ごした。

バチカンで行われた昼食会では、「貧しい人のための世界祈願日」の行事を主催した、教皇庁新福音化推進評議会の議長、リノ・フィジケッラ大司教の挨拶に続き、教皇フランシスコが食事の前の祈りを唱えた。

教皇は「皆さん、ようこそ!」と招待者らを温かく歓迎しながら、次のように祈りの言葉を述べられた。

「わたしたちは、それぞれの心を善意と隣人への友情でいっぱいにしながら、互いのために祈り、この昼食を分かち合おうとしています。さあ、主の祝福を祈りましょう。主がこの食事を祝福してくださいますように。この食事を準備した人たちや、わたしたち皆を、わたしたちの心を、家族を、わたしたちの願いや、生活や、健康、力を祝福してくださいますように。」

教皇はまた、ローマの各所で同時に行なわれている他の昼食会のすべての参加者や関係者のためにも、神の祝福を祈られた。

初めて「貧しい人のための世界祈願日」が記念されたこの日、ローマ教区はもとより、イタリアの各教区で、カリタス等が運営する食堂や、宿泊所、小教区主催で、昼食会や関連行事が行われた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

バチカンで核兵器廃絶と軍縮をめぐる国際シンポジウム

2017年11月10日バチカン放送日本語課の記事より

バチカンで核兵器廃絶と軍縮をめぐる国際シンポジウム

教皇フランシスコは、バチカンで開かれた核兵器廃絶と軍縮をめぐるシンポジウムの参加者とお会いになった。

11月10日(金)から2日間、バチカンのシノドスホールで「核兵器の無い世界と統合的な軍縮に向けての展望」をテーマに、国際シンポジウムが開催されている。

今年7月7日、ニューヨークの国連本部での会議で「核兵器禁止条約」(「核兵器の開発、実験、製造、備蓄、移譲、使用及び威嚇としての使用の禁止ならびにその廃絶に関する条約」)が、国連加盟国193カ国のうち、124カ国参加のもと、賛成122票、反対、棄権各1票で採択された。

9月20日から同条約への署名が開始され、同日NYの国連本部で行われた署名式では、50カ国が署名を行った。署名国はこの後、国会などで国としての承認を得て、批准のための手続きを行なうことになる。条約発効には50カ国の批准が必要となる。

この条約には法的な力があるが、非批准国にはその拘束力は及ばない。同条約の交渉にあたっては、核保有国をはじめ、それらの同盟関係国など、不参加の国が多く存在することが現状である。

今回のバチカンでのシンポジウムは、核兵器廃絶・軍縮をテーマとする国際レベルの会議として、先の国連の条約交渉会議後、初めてのものとなる。

同シンポジウムには、モハメド・エルバラダイ国際原子力機関前事務局長らノーベル平和賞受賞者たち、中満泉国連事務次長・軍縮担当上級代表ら国連関係者、NATO関係者、ロシア・米国・韓国・イランなどの外交代表、研究者、諸宗教関係者らが参加。

また、日本における原爆の被爆者とすべての核実験による被害者を代表し、日本原水爆被害者団体協議会の事務局次長、和田征子さんが招かれた。

教皇は10日、バチカン宮殿でシンポジウムの参加者らとの出会いを持たれた。

集いの言葉で教皇は、このシンポジウムが掲げる核兵器の無い世界と統合的な軍縮への目標は、悲観主義に押されてますます遠のくように思われるかもしれないと述べつつ、核兵器をはじめ、今日の終わることの無い軍拡の連鎖や、そのための支出が人々を苦しめている状況を見つめられた。

教皇は、あらゆる核兵器の使用が人間と環境にもたらす破壊的な影響を考える時、非常な不安を感じざるを得ないと述べ、こうした武器が何らかの誤りで爆発する危険をも考慮し、それらの使用をめぐる脅威はもとより、その所有自体も、断固として非難すべきと話された。

国際関係は武力や、相互の威嚇、軍事力の顕示によって統治することはできず、特に核兵器などの大量破壊兵器は、偽りの安心感を生むだけで、連帯の倫理に育まれた人類の平和的共存の基礎を築くことはできないと語られた。

教皇は、広島と長崎の被爆者や、その他の核兵器実験の被害者の証し、その預言的な声が、特に新しい世代への警告となるようにと願われた。

こうした状況の中にも、健全な現実主義は今日の秩序を失った世界に希望の灯を灯し続けていると教皇は述べ、国連本部で「核兵器禁止条約」が多くの参加国の賛成を得て採択されたことを歴史的な出来事として位置づけられた。

また、教皇は、この出来事が人道的イニシアティブとして、市民や、国々、国際組織、教会、学会、専門家グループなどの様々な協力連帯のうちに推進された成果であることは意義深いものと指摘された。

教皇は今年発布50周年を迎えたパウロ6世の回勅「ポプロールム・プログレッシオ-諸民族の進歩推進について-」が人類の統合的発展の原理に注目し、それを平和の新しい名前として提言していることに言及。

同時に、ヨハネ23世が回勅「地上に平和を」の中で、軍備の縮小や撤廃は、統合的な軍縮、すなわち人々の精神から戦争の不安や強迫観念を誠実に排除するように努めないかぎり、不可能であると述べていることを思い起こされた。

人類の統合的な発展こそが人類がたどるべき善の道であると述べた教皇は、忍耐と着実をもって前進していくようシンポジウムの参加者を励まし、祝福をおくられた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

「一致へのさらなる歩みを」ルーテル世界連盟とカトリック教会、宗教改革500年記念年の終了に

2017年10月31日バチカン放送日本語課の記事より

「一致へのさらなる歩みを」ルーテル世界連盟とカトリック教会、宗教改革500年記念年の終了に

宗教改革500年記念年の終了に、ルーテル世界連盟と教皇庁キリスト教一致推進評議会は、共同声明を発表した。

この共同声明では、「2017年10月31日、宗教改革500年共同記念年の最終日にあたり、わたしたちは改革によって得た霊的、神学的恵みに感謝する」と述べ、この記念がルーテル世界連盟とカトリック教会の間だけでなく、世界的レベルのエキュメニカルなパートナーたちと分かち合われたことを指摘。

またこの機会に、改革から今日に至る500年間に、キリスト者が「主の体」を損ない、互いに傷つけ合った罪に対し、赦しを願ったことをここに記した。

声明は、ルター派とカトリック教会が共に、祈りや、儀式、対話に支えられ、ここ50年間にとげたエキュメニカルな歩みを深く認めた。

この宗教改革500年記念年を振り返る中で、特にスウェーデン・ルンドで、教皇フランシスコと、ルター派世界連盟(LWF)の当時の議長、ムニブ・ヨウナン監督出席のもと行われた、ルーテル派とカトリックのエキュメニカルな祈りが思い起こされた。

そして、ルター派とカトリック教会が宗教改革を初めてエキュメニカルな視点で見つめたことを、この記念年に受けた祝福としながら、過去は変えられないことは真実であるとしても、今日それを交わりと、分裂克服の希望を推進する力に変容できることもまた真実であると述べている。

同声明は、眼差しを未来に向け、聖霊に導かれて、主イエス・キリストによって望まれた一致へのさらなる歩みを続けていこうと呼びかけている。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇、国際宇宙ステーションの隊員たちと中継で対話

2017年10月26日バチカン放送日本語課の記事より

教皇、国際宇宙ステーションの隊員たちと中継で対話

教皇フランシスコは、国際宇宙ステーションの隊員たちと、ビデオ中継を通して対話された。

10月26日、バチカン宮殿と国際宇宙ステーションはビデオ中継によって結ばれた。

教皇は、バチカン宮殿の一室から、現在、宇宙ステーションに滞在中の6人の隊員たちに挨拶をおくり、宇宙について、また宇宙飛行士としての任務などについて質問。

宇宙ステーション側では、イタリア人のパウロ・ネスポリ隊員を仲介・通訳として、遠征52・53隊の他の宇宙飛行士たち全員(出身:米国・ロシア)が参加し、およそ25分間にわたり教皇と会話した。

まず、教皇は隊員らに、「果てしない宇宙を前に、宇宙における人間の存在をどのように感じるか」、「宇宙を動かす愛の力の存在をどう思うか」など、哲学・宗教的な問いを投げ掛けられた。

宇宙飛行士らは、「自分たちは技術者なので」と前置きしながらも、宇宙は知れば知るほど、実は少ししか知らないと気付かされること、愛とは誰かのために自分を捧げることを可能にしてくれる力ではないか、などと率直な回答を寄せた。

続いて、教皇は、「なぜ宇宙飛行士を目指したか」、「宇宙ステーションで驚いたことは何か」「ステーション内での協力関係から学ぶこと」など、宇宙飛行士の仕事や体験にまつわるテーマを尋ねられた。

隊員らは、祖父が世界初の人工衛星スプートニクのために働いていたために、その影響を受けた、宇宙から地球を眺めることで、人類について考え、よりよい未来のために働きたいと思ったなど、宇宙飛行士を目指した理由を述べていた。

また、宇宙では地上と感覚が違うので、地上ではあたりまえのこと、たとえば方向でもどちらが上でどちらが下かなど、自分の力で決めなくてはならないと説明。

ここでは多くの国の人が個人や世界を超えて、より大きなことのために協力して働き、この知識の旅を続けていると、隊員たちは語った。

教皇は、「皆さんは小さな国連です。一人ひとりの力を合わせてより大きな力とすること、これは皆さんが示す模範です」と称え、宇宙飛行士らに祝福をおくられた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇、スコットランド国教会の使節と会見

2017年10月26日バチカン放送日本語課の記事より

教皇、スコットランド国教会の使節と会見

教皇フランシスコは、スコットランド国教会の使節とお会いになった。

スコットランド国教会のデレク・ブラウニング総会議長率いる使節は、10月26日、バチカン宮殿に教皇フランシスコを訪問した。

教皇は使節を温かく迎えられ、訪問への感謝を述べられた。

ルターの宗教改革から500年を記念し、昨年スウェーデンのルンドを訪問したことを教皇は思い起こしつつ、こうした機会を背景に、スコットランド国教会の使節との出合いが行われたことに意義を見出された。

教皇はカトリック教会とスコットランド国教会が、長い対立を経た今、兄弟としてこの年を迎えることができたのは神の恵みによるものと述べ、エキュメニカルな歩みによってもたらされた理解と信頼、協力関係を喜ばれた。

特に、相互の記憶の浄化をこの共通の歩みの中で最も重要なものとして示された教皇は、人間的視点を通して、懐疑を持ち、互いの違いや過ちを見つめがちであった時代から、今わたしたちは同じ神の子として、ようやく神の眼差しをもって互いを理解できるようになったと指摘された。

福音の精神のもとに、謙遜な愛徳の道を共に進み、分裂を乗り越え、傷を癒すことを望まれる教皇は、キリスト者の一致を伴わないならば、福音宣教は完全な信頼性を持たないと強調された。

また、教皇は、今日イエスの名のために迫害に苦しむ、世界の多くのキリスト教徒たちの存在に思いを向け、これらの人々の証しは最後まで愛と勇気をもって前進するようにとわたしたちを促していると語られた。

教皇は、目に見える一致に向けての日頃の歩みが、近年に見たような豊かな実を、今後ももたらすことを願われた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

人事:東京大司教区の新大司教に、菊池功司教

2017年10月25日バチカン放送日本語課の記事より

人事:東京大司教区の新大司教に、菊池功司教

教皇フランシスコは、東京大司教区の新しい大司教として、菊池功司教を任命された。

教皇は、10月25日、東京大司教区のペトロ岡田武夫大司教の引退願いを受理された。

そして、同大司教区の大司教に、新潟教区のタルチシオ菊池功司教(神言会)の任命を発表された。

菊池功司教さまのメッセージ

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇、新福音化推進評議会のメンバーと

2017年9月29日バチカン放送日本語課の記事より

教皇、新福音化推進評議会のメンバーと

教皇フランシスコは、バチカンの新福音化推進評議会のメンバーとお会いになった。

教皇庁新福音化推進評議会(議長:サルバトーレ・フィジケッラ大司教)は、9月27日から定例総会を開催。会議最終日29日、参加者らはバチカン宮殿で教皇との出会いを持った。

関係者への挨拶で教皇は、今日の教会の、福音宣教への恒久の使命に対する努力と熱意を新たにする必要を強調。

昨年閉幕した「いつくしみの特別聖年」を全教会にとっての特別な恵みの時として思い起こされた教皇は、この感激が薄まったり、忘れられることがないようにと願われた。

神の民は神のいつくしみを贈り物として深く受け止め、この聖年を特に赦しの秘跡を通して、神の優しさと限りないその赦しを感じる機会としたと教皇は振り返った。

教皇は、教会がいつくしみの道具としてあり続けるための、その大きな責任を指摘。

神のいつくしみを世に知らせるために、そのいつくしみがキリスト者の生き方の中で具体的で目に見えるものとなるべきと話された。

また、教皇はこの席で、新福音化推進評議会が進める、11月19日の「第1回貧しい人たちの日」に向けた準備を励まされた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

2018年の「世界広報の日」テーマ発表

2017年9月29日バチカン放送日本語課の記事より

2018年の「世界広報の日」テーマ発表

2018年度のカトリック教会の「世界広報の日」のテーマが公表された。

カトリック教会の「世界広報の日」は、福音宣教の中でも特に新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、インターネット、映画など、様々な広報機関・媒体を用いて行う宣教について、教会全体で考えることを目的としている。

「広報の日」は、毎年、聖霊降臨前の日曜日に記念され、2018年は5月13日に当たる。日本の教会では、聖霊降臨の前々週の日曜日(復活節第6主日)に記念されるため、来年度は5月6日となる。

教皇フランシスコが選んだ、来年の「広報の日」のテーマは、「真理はあなたを自由にする (ヨハネ8,32)。フェイクニュースと平和のジャーナリズム」。

「世界広報の日」に向けての教皇メッセージは、伝統的に、ジャーナリストの保護者である聖フランシスコ・サレジオの日(1月24日)に発表される。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]