カテゴリー別アーカイブ: バチカン

「若者」テーマのシノドス、討議要綱発表

2018年6月19日バチカン放送日本語課の記事より。

「若者」テーマのシノドス、討議要綱発表

今年10月、バチカンで開催される、「若者」をめぐるシノドスのための「討議要綱」が発表された。

 世界代表司教会議(シノドス)第15回通常総会は、「若者、信仰、そして召命の識別」をテーマに、2018年10月3日から28日まで開かれる。

同シノドス開催に先立ち発表された討議要綱は、「序文」に続き、「認める」「判断する」「選択する」の3つのアクションを伴う全3部と、「結び」からなる。

討議要綱の構成は以下のとおり。

・序文

・第一部 認める:現実に耳を傾ける教会
  第1章:今日、若者であるということ 
  第2章:経験と表現
  第3章:切り捨ての文化の中で
  第4章:人間学的・文化的挑戦
  第5章:若者に耳を傾ける

・第二部 判断する:信仰と召命の識別
  第1章:若さの祝福
  第2章:信仰の光に照らされた召命
  第3章:召命識別のダイナミズム
  第4章:共にいて見守る技術

・第三部 選択する:司牧的・宣教的回心の歩み
  第1章:統合的な展望
  第2章:日常生活に深く分け入る
  第3章:福音化された、福音宣教する共同体
  第4章:司牧の活性化と組織化

・結び

同討議要綱は、インターネットを通した質問書に対するおよそ10万人の青少年の回答や、シノドス準備会議の結果など、多くの資料を基に起草され、若者たちの現実を読み解くための鍵を提供している。

その中では特に、「今日の若者たちは何を望んでいるのか」「教会に何を求めているのか」ということが注目される。

若者たちは第一に、模範となり、権威ある、文化的に堅固な「真の教会」を求めていることがわかる。

また、若い人たちは、教会が「透明性を持ち、受容的で、誠実、魅力的で、コミュニケーション能力があり、近づきやすく、喜びに満ち、双方向的」であることを望んでいる。

その一方で、教会に何も期待しない、あるいは教会の対話者としての役割を重要視しない、さらには、教会の存在をわずらわしいと感じる若者たちもいる。

こうした背景として、教会の様々なスキャンダル、青少年司牧における司祭たちの養成不足、現代社会において教会の教えと道徳的立場を説明するのに困難が伴うことなどが、指摘される。

討議要綱には、青少年司牧を考える上でのいくつかのキーワードが浮かび上がる。

それらは、「聞く」「寄り添い」「回心」「識別」「挑戦」「召命」「聖性」などの言葉である。

「聞く」:若者たちは自分が置かれた状況を深い理解をもって聞いてもらい、彼らの日常の体験を分かち合いたいと思っている。また、教会の中で自分の意見が尊重され、教会の一員として認められることを望んでいる。

「寄り添い」:若者たちに、霊的・心理的・教育的に、また家庭司牧・召命司牧の立場から寄り添うことは、教会にとって本質的な義務であり、若い人たちにとっては権利である。

「回心」:討議要綱は様々な意味での「回心」に言及している。それは、キリスト教徒が少数派である場所で、暴力をもって「回心(改宗)」を迫られる若者たちの悲劇であったり、教会において若者たちの統合的な養成・教育を目指す上での「組織的回心」や、また教会の勇気ある「文化的回心」を望む声であったりする。

「識別」:この要綱において、「識別」とは、若者たちの必要に応えて「外に向かう教会のスタイル」であり、「神の御旨を具体的に知り、受け入れるための霊的活力」「神の時・神の招き」を知り、それを無駄にしないための「道具」として認識されている。

「挑戦」:宗教的差別、人種差別、就業の不安定、貧困、薬物・アルコール中毒、いじめ、搾取、孤独などに対する挑戦の必要が示される。

「召命」:「召命」という言葉に対し、若者たちは偏見や先入観を持っており、この言葉を司祭や修道者への召命に限定せず、青少年司牧の中でさらに広い意味で使う必要に言及。厳密な司祭召命という意味では、召し出しの減少を真剣に捉え、魅力ある召命司牧の模索を望んでいる。

「聖性」:討議要綱は「聖性」というテーマをもって締めくくられる。「若さとは聖性のための時」であるとし、聖性をすべての若者たちが到達できるものとして示している。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

アマゾン周辺地域のための特別シノドス:準備資料を発表

2018年6月8日バチカン放送日本語課の記事より。

アマゾン周辺地域のための特別シノドス:準備資料を発表

アマゾン周辺地域のための特別シノドスの準備資料が発表された。

教皇フランシスコは、昨年10月、アマゾン周辺地域のための特別シノドス(世界代表司教会議)の開催を発表。

「アマゾン、教会と統合的エコロジーのための新たな歩み」をテーマにした同シノドスは、2019年10月、バチカンにて開かれる。

シノドス事務局(事務局長:ロレンツォ・バルディッセーリ枢機卿)は、6月8日、この会議の準備資料を公布、その内容を紹介した。

バルディッセーリ枢機卿は、資料発表の席で、このシノドスはアマゾン周辺地域をテーマにしたものであっても、その考察は地域を超え、全教会ならび地球の未来と関わりを持つものであると指摘。

実際、これらの考察は、コンゴ河流域、中央アメリカの生物多様性回廊、アジア太平洋地域の熱帯雨林、グアラニー帯水層など、他の現実と関連づけることができ、この教会的・社会的・エコロジー的な大きな会議は、それぞれの領域を超えた視点を与え、従来の司牧方針を現代に則して見直しさせるものと話した。

シノドスでは、現在多くの危険にさらされている、アマゾン河流域の先住民への関心を優先課題とし、次に「共通の家」としての環境、エコロジー問題に触れる。これらの考察はすべて、教会の教えと、その地方の教会生活に照らして行われる。

このたび発表された資料は、シノドス開催に向けた準備の道筋を助言し、提案するものである。

資料は導入部および3つの部分からなり、それは「見つめる」「識別する」「行動する」という3段階のメソッドと呼応する。資料の末尾には質問表があり、地方教会や関係組織はこれに回答することになる。

第1部は、アマゾン地域のアイデンティティーを「見つめ」、耳を傾けることを目標に、社会=文化の多様性、先住民の教会の歴史、人民の正義と権利、アマゾンの人々の霊性と叡智などに触れている。

第2部の目的は、教会の教えと伝統に照らしたイエス・キリストにおける信仰から出発し、その新しい歩みを「識別」することにある。ここでは特にアマゾンにおける福音宣教を、聖書・神学・社会・環境・秘跡・教会・宣教の観点から捉える。

第3部では、統合的なエコロジーを背景に、アマゾンにおける教会の新しい司牧の歩みを模索し、より適した「行動」を探る。

バルディッセーリ枢機卿は、アマゾンの伝統文化における新しい福音宣教の課題は、貧しい人に関心を寄せることにあると述べ、アマゾンの人たちの声と叡智に注意深く耳を傾けることで、同地域での教会の新しい歩みの方向性と優先事項を知ることができるだろうと話した。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

人事:教皇、埼玉教区司教と、大阪大司教区補佐司教を任命

2018年6月4日バチカン放送日本語課の記事より。

人事:教皇、埼玉教区司教と、大阪大司教区補佐司教を任命

教皇フランシスコは、日本の埼玉教区の司教と、大阪大司教区の2名の補佐司教を任命された。

教皇は、6月2日付で、埼玉教区の新しい司教として、サレジオ修道会の現日本管区長マリオ山野内倫昭神父(62)を任命された。

山野内神父は、1955年、大分に生まれ、アルゼンチンでサレジオ会に入会。1982年、終生誓願。1984年、司祭叙階。1997年、日本に戻る。2014年からサレジオ会日本管区・管区長。

また、教皇は同日付で、大阪大司教区の補佐司教として、クラレチアン宣教会会員で現在玉造教会(大阪カテドラル聖マリア大聖堂)の主任司祭を務める、ホセ・マリア・アベイヤ神父(68)と、オプス・デイ属人区の司祭で、大阪教区で司牧に携わるパウロ酒井俊弘神父(58)を任命された。

アベイヤ神父は、1949年、スペインのリェイダに生まれた。1966年、クラレチアン宣教会初誓願。1972年、終生誓願。1975年、司祭叙階。名古屋、東京、大阪の各教区で宣教司牧。2003年から2015年まで、クラレチアン宣教会総長。2015年、日本に戻り、大阪教区の小教区やブロックの司牧に従事。2017年、玉造教会主任司祭。

酒井神父は、1960年、兵庫県の生まれ。1985年、イタリア・スペインに留学。1988年、スペインで司祭叙階。オプス・デイ属人区の司祭となる。1990年、帰国。以後、長崎教区、次いで大阪教区で司牧に携わってきた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇、大阪教区・前田万葉大司教ら、14人を新枢機卿に任命

2018年5月21日バチカン放送日本語課の記事より。

教皇、大阪教区・前田万葉大司教ら、14人を新枢機卿に任命

教皇フランシスコは、大阪大司教区の前田万葉大司教を含む、14人を新たに枢機卿に任命された。

5月20日、バチカンで行われた日曜正午の祈りの集いで、教皇は今年6月29日に枢機卿会議を開催し、この中で14人の枢機卿の任命式をとり行う旨を告げられた。

教皇は、これらの枢機卿の出身地は、すべての人々に神のいつくしみの愛を知らせ続ける教会の普遍性を表すものと述べられた。

また、新しい枢機卿らの任命がローマで行われることは、ペトロの座と世界に広がる地方教会との切り離せない絆を表していると話された。

そして、教皇は、まず、コンクラーベ(教皇選挙)の投票権を持つ80歳未満の枢機卿11人を以下のように発表された。

(発表順・敬称略、括弧内は出身国・年齢・所属修道会等)

・ルイス・ラファエル・サコ、カルデア典礼バビロニア総大司教(イラク、69)

・ルイス・ラダリア、教理省長官(スペイン、74、イエズス会)

・アンジェロ・デ・ドナーティス、ローマ教区教皇代理(イタリア、64)

・ジョヴァンニ・アンジェロ・ベッチウ、国務省総務局長官代理、駐マルタ騎士団特別使節(イタリア、69)

・コンラート・クライェウスキ、教皇慈善活動室責任者(ポーランド、54)

・ジョセフ・コーツ、カラチ大司教(インド、72)

・アントニオ・ドス・サントス・マルト、レイリア=ファティマ司教(ポルトガル、71)

・ペドロ・バレート、ワンカヨ大司教(ペルー、74、イエズス会)

・デシレ・ツァラハザナ、トゥアマシナ大司教(マダガスカル、63)

・ジュゼッペ・ペトロッキ、ラクィラ大司教(イタリア、69)

・トマス・アクィナス・前田万葉、大阪大司教(日本、69)

続いて、教皇は教会への奉仕における貢献者として、以下の80歳以上の3人を新たに枢機卿会に加えられた。

・セルジョ・オベソ・リヴェラ、ハラパ名誉大司教(メキシコ、86)

・トリビオ・ティコナ・ポルコ、コロコロ司教(ボリビア、81)

・アクィリーノ・ボコス・メリノ神父(スペイン、80 クラレチアン宣教会)

教皇は、これらの新枢機卿らが、いつくしみ深く忠実な大祭司キリストと固く結ばれ、ローマ司教である教皇を助け、神の聖なる忠実な民のために尽くすことができるように、信者らを祈りに招かれた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

前教皇ベネディクト16世、91歳の誕生日

2018年4月16日バチカン放送日本語課の記事より

前教皇ベネディクト16世、91歳の誕生日

前教皇ベネディクト16世は、4月16日、91歳の誕生日を迎えられた。

ベネディクト16世(ヨセフ・ラッツィンガー)は、1927年4月16日、ドイツのマルクトル・アム・インに生まれた。1951年、司祭叙階。1977年、ミュンヘン=フライジング大司教。2005年4月19日、第265代目ローマ教皇に選出された。2013年2月11日、引退を発表。同年2月28日、教皇職から退位。現在、祈りに専念した生活をおくられている。

この日、ベネディクト16世は、91歳の誕生日を、お住まいであるバチカン市国内の修道院「マーテル・エクレジエ」で、兄のゲオルグ・ラッツィンガー師と共に、家庭的な雰囲気の中で祝われた。

同日朝、教皇フランシスコは、前教皇のためにミサを捧げられ、お祝いのメッセージをおくられた。

夕方には、バチカンのスイス衛兵の楽隊が、「マーテル・エクレジエ」前で、ベネディクト16世の誕生日を祝う演奏を行なった。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

若者たちによるシノドス準備ミーティング終了

2018年3月25日バチカン放送日本語課の記事より

若者たちによるシノドス準備ミーティング終了

ローマで開かれていた若者たちによるシノドス準備ミーティングが終了した。

今年10月に「若者たち、信仰そして召命の識別」をテーマとする世界代表司教会議(シノドス)第15回通常総会がバチカンで開催されることに先立ち、同シノドスを準備する目的で青年たち自身が参加するミーティングが、ローマ市内の教皇庁立国際神学院「マリア・マーテル・エクレジエ」で開かれていた。

3月19日から24日まで開催されたこのミーティングには、世界各国から、カトリック信者だけではなく、他のキリスト教教会や、諸宗教、無宗教の若者たちも含む300人以上が会場に集い、この他にインターネットを通して各地から約1万5千人が参加した。

最終日、言語別の20グループと、ソーシャルメディアを通した6グループの会議の成果を基礎に、ミーティングの参加者ら皆の意見を要約したものとして、文書が発表された。

文書は全15ページで、序文以下、次のようにテーマ別にまとめられている。

第一部「現代の若者の挑戦とチャンス」
1.人格の育成
2.他者との関係
3.若者と未来
4.テクノロジーとの関係
5.人生の意味の探求

第二部「信仰と召命、識別と寄り添い」
6.若者たちとイエス
7.信仰と教会
8.人生の召命の意味
9.召命の識別
10.若者と寄り添い

第三部「教会の教育的・司牧的行為」
11.教会のスタイル
12.若い主役たち
13.優先すべき場所
14.強化すべき催し
15.利用すべき手段
 -マルチメディア
 -教会運動等への参加
 -芸術と美
 -礼拝・観想・黙想
 -信仰経験の分かち合い
 -教会会議性

この文書は、21世紀を生きる、出身地も、宗教、文化的背景も異なる青年たちによる、考察の結果であり、また、一つの神学論や教会の新しい教えを構成するものでもないと前置きした上で、若者たちがいまどのような場所に置かれ、どこに向かっているのか、教会は若者たちのために何ができるのかを知るための指針、今日の世界の若者たちの様々な現実や、人間性、信仰のあり方を反映する資料として、シノドス参加司教らに読んで欲しいと、序文で述べている。

資料本文は、最初に、若者たちが置かれた様々な環境や現実を紹介。それぞれの状況から生じる考えや傾向、宗教や信仰への態度・思いを記している。

次に、現代の若者たちがどのように信仰や召命を認識しているか、召命の識別のためにはどうしたらよいのか、そのためにどのような助けが必要かを述べている。

そして、若者が今日の教会に望むもの、このようにあって欲しいと思う「真の教会」、「透明で、正直で、惹きつける、コミュニケーションに富んだ共同体」の姿を描き、彼らの教育と司牧のためにどのような点に留意し、どのような点に力を入れて欲しいかを、具体的に示している。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

若者によるシノドス準備ミーティング、ローマで開会

2018年3月19日バチカン放送日本語課の記事より

若者によるシノドス準備ミーティング、ローマで開会

若者たちによるシノドス準備ミーティングが、教皇フランシスコの開会によって、ローマで始まった。

このミーティングは、バチカンで今年10月、「若者たち、信仰と召命の判断」をテーマに開かれる世界代表司教会議(シノドス)第15回通常総会を前に、教皇によって招集されたもの。

シノドスの準備会議としての性格を持つこのミーティングは、シノドス事務局の主催で、世界各国のおよそ300人の若者たちの参加を得て、3月19日から24日まで、ローマの教皇庁立国際神学院「マリア・マーテル・エクレジエ」で開かれている。

このミーティングには、カトリック信者の青年はもとより、他のキリスト教教会や、諸宗教、無宗教の若者たちも招かれているほか、世界各地からインターネットを通した言語別会議への参加も可能になっている。

19日午前、教皇はミーティング会場を訪れ、祈りと共に会議を開幕した。

教皇は開会の日、参加の若者たちに挨拶をおくられたほか、代表者らの質問に答えられた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教理省:キリスト教的救いの観点をめぐる司教への書簡

2018年3月1日バチカン放送日本語課の記事より

教理省:キリスト教的救いの観点をめぐる司教への書簡

教皇庁教理省は、「キリスト教的救い」に関するいくつかの観点をめぐり、司教たちに宛て文書を発表した。

「プラクイト・デオ」と題されたこの文書は、「キリスト教的救いのいくつかの観点をめぐる、カトリック教会の司教への書簡」である。

教理省長官ルイス・フランシスコ・ラダリア・フェレール大司教は、3月1日、同書簡発表にあたり、その目的を「信仰の偉大な伝統に沿いながら、教皇フランシスコの教えに言及しつつ、今日の文化的変容のために理解が難しいと思われる、キリスト教的救いのいくつかの観点を明らかにすること」と述べた。

同文書は、イエスを唯一普遍の救い主と宣言するキリスト教信仰を曖昧にさせる文化的変化として、教皇フランシスコもこれまで指摘してきた、いわば「ネオ・ペラギウス主義」、「ネオ・グノーシス主義」とも呼べる、2つの傾向を挙げている。

今日広がる「ネオ・ペラギウス主義」というべき傾向は、急進的に自立した個人を生み、自分の存在がその奥深いところで神や他人に依存しているということを認めずに、自分自身を自分だけで救えると考えさせる。

救いはその人の力だけに頼るか、あるいは神の聖霊の息吹を受け入れることのできない、純粋に人的なシステムに頼ることになる。

一方で、「ネオ・グノーシス主義」といえる傾向は、自分の中に閉じこもった、純粋に内的な救いだけを求めさせる。

人は自分を肉体や物質的宇宙から解放できると考え、創造主の摂理に満ちた手を発見することなく、人間の都合に合わせて変質可能な、意味の無い現実だけを見つめることになる。

神がわたしたちに与える救いは、いわゆる「ネオ・ペラギウス主義」が望むような、個人の力だけでは得られず、人となられた神の御子を通して生まれ、教会の交わりを形作るその関係を通して得られる。

また、キリストがわたしたちに与える恵みは、ある種の「ネオ・グノーシス主義」が求めようとする純粋に内的な救いではない。

キリストの恵みは、キリストご自身が生きた具体的な関係の中にわたしたちを招き入れ、目に見える交わりとしての教会において、わたしたちは特に貧しく苦しむ兄弟たちを通して、キリストの肉に触れることができる。

そして、秘跡のおかげで、信者たちは常に育まれ、新たにされながら、人生の険しい道のりを歩き続けることができる。

同文書は、今日のキリスト教を矮小化し、脅かす現代の傾向と対峙し、キリストとわたしたちの一致を通した、御父の救いのご計画を改めて明言すると共に、信徒たちが「神の子」としての尊厳を自覚するための一助となることを望んでいる。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

ベネディクト16世、イタリア紙の読者に近況と感謝伝える書簡

2018年2月7日バチカン放送日本語課の記事より

ベネディクト16世、イタリア紙の読者に近況と感謝伝える書簡

前教皇ベネディクト16世は、イタリア日刊紙の読者らに、近況と感謝を伝える短い書簡をおくられた。

この書簡はコリエーレ・デラ・セーラ紙のジャーナリスト、マッシモ・フランコ氏に宛てたもので、バチカンの修道院で引退生活をおくっておられる前教皇の最近の様子に関心を寄せる、多くの読者たちに答える形をとっている。

ベネディクト16世は、人々の愛と思いやりに感謝しながら、体力の衰えの傍らで、内的な旅を続ける生活を次のように語っている。

「親愛なるドットール・フランコ

あなたの新聞の多くの読者が、わたしがこの人生の最後の時期をどのように過ごしているかを知りたいと望んでいることに胸を打たれました。

わたしがお答えできるのは、体力のゆっくりとした衰えの中で、「家」に向かって内的な巡礼を続けているということです。

この最後の、時には少し困難な道のりにおいて、想像もしなかったほどの大きな愛と優しさにとり囲まれていることは、わたしにとって非常に大きな恵みです。

こうした意味において、あなたの新聞の読者の方々が寄せる問いも、わたしのこの歩みの一部分に寄り添ってくれるものなのです。

それゆえに、わたしとしては皆さまにただ感謝を申し上げるほかありません。すべての皆さまにわたしの祈りをお約束します。

心からのご挨拶を申し上げつつ。

ベネディクト16世」

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

バチカンの大晦日:一年を神に感謝し、賛歌「テ・デウム」

2017年12月31日バチカン放送日本語課の記事より

バチカンの大晦日:一年を神に感謝し、賛歌「テ・デウム」

教皇フランシスコは、2017年大晦日に夕べの祈りを、そして、2018年元旦にミサをとり行われる。

12月31日夕方5時、バチカンの聖ペトロ大聖堂で、教皇による「神の母聖マリア」の大祝日の前晩の祈り(第一晩課)がとり行われる。この中では、過ぎた1年を神に感謝し、賛歌「テ・デウム」が捧げられ、聖体降福式が行なわれる。

新年が明けた1月1日午前10時、教皇は「神の母聖マリア」の大祝日とカトリック教会の「第51回世界平和の日」を記念し、聖ペトロ大聖堂でミサを司式される。

また、同日正午には、教皇はバチカン宮殿の書斎の窓から、広場に集った巡礼者らと共にアンジェラスの祈りを唱えられる。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]