カテゴリー別アーカイブ: フランシスコ教皇メッセージ

日曜正午アンジェラスの祈り: 教皇フランシスコ「荒果てた心の中に謙遜をもって希望の道を開いていこう」

2017年12月8日バチカン放送日本語課の記事より

日曜正午アンジェラスの祈り: 教皇フランシスコ「荒果てた心の中に謙遜をもって希望の道を開いていこう」

キリストの降誕を準備する待降節第2主日のこの日の正午、聖ペトロ広場に面する書斎の窓に姿を現された教皇フランシスコは、この日曜日のミサの第一朗読イザヤ預言書の中からテーマを取り、神の民のエルサレム帰還の準備を呼びかけるイザヤ預言者の言葉を解説しながら、キリストの降誕を準備するキリスト者の心構えについて話された。

「親愛なる兄弟姉妹の皆さん、

今日のミサの第一朗読イザヤの預言書は、エルサレムへの帰還を準備するイスラエルの民に、犯した全ての怠りの罪や神の御前でふさわしくなかったあらゆる行動の過ちを認め、悔い改めながら、再び主に向かって歩む道を準備するよう励ましています。

わたしたちの生活の中での怠りの隙間は、十分に祈らなかったことやあるいは全く祈りを怠ったことかも知れません。

今わたしたちが過ごしている待降節はもっとより熱心に祈るための、また、霊的なことに専念するためのよい機会です。さらに別の隙間も考えられます。それは隣人に対する愛徳の欠如です。特に多くの必要に迫られている貧しい人々、物資的に貧しいだけではなく霊的にも貧しい人々に対する愛徳の欠如です。わたしたちは皆隣人の必要にもっと注意を向ける必要があります。愛徳の実行によってわたしたちも、洗礼者聖ヨハネのように多くの人々の荒れた心の砂漠に、希望の道を開いていくことが出来るでしょう。

イザヤ預言者は主を迎える準備として傲慢心や高ぶり、権力などへの思いを抑えるよう勧めています。

傲慢,横柄、高ぶり,権力欲のあるところに主は入ることが出来ません。なぜならそこはもう傲慢や権力欲で一杯丹なっていて、主の入る余地がないないからです。かえってわたしたちは常に謙遜で柔和な心を持たねばならないのです。声高に叫ぶことなく、人の言葉に耳を傾け、おだやかに話すことです。こうして主の到来に準備します。なぜなら主ご自身その福音の中で言っているように、柔和で心の謙遜な方だからです。

主の一致を妨げるようなあらゆる障碍を取り除きましょう。イエスの到来に向けて大きな喜びをもって準備に励みましょう。

誰か親しい友人を我が家に迎える際に、わたしたちは喜んで注意深く友を迎える準備をするではないですか。同じように最も重要な友人である主を迎えるために、わたしたちも周到な準備をいたしましょう。主がおいでになる時、その豊かな恵みに与ることが出来るよう最善の注意を込めて毎日準備に励みましょう」。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇フランシスコ、ローマ・スペイン広場、無原罪の聖母への祈り: 「現代社会にはびこる数多くの悪のビールスに対するワクチンをお与えください」。

2017年12月8日バチカン放送日本語課の記事より

教皇フランシスコ、ローマ・スペイン広場、無原罪の聖母への祈り: 「現代社会にはびこる数多くの悪のビールスに対するワクチンをお与えください」。

毎年の恒例に従って教皇フランシスコは12月8日午後ローマの中心地にあるスペイン広場の聖母像をおとずれ花束を捧げ、ローマ市民および全世界の人々のために祈られた。

1851年、時の教皇ピオ9世によって、聖母マリアが神の御子イエス・キリストの母となるために、その存在の始めの瞬間からあらゆる罪の汚れから免れたことを意味する聖母マリアの無原罪の御宿りの教義が、信仰箇条として宣言された。教皇は聖母マリアにローマの全市民の名において、母としてのやさしくかつ力強いご保護を祈られた。

またさらに教皇は聖母マリアに、ローマの信徒や修道者また毎日多くの困難に直面している家族たち、仕事のためにローマに通う労働者たち、病人たち、老人たち、そして全ての貧者、戦争や飢えからローマに逃れてくる多くの難民たちに、母としての絶えざる導きとご保護とを願われた。

教皇はまた聖母像の周りに集まった無数の人々に、毎日福音書の一説を読み黙想する習慣を身につけるよう勧め、聖母に倣って神のみ言葉に耳を傾け、それを実行に移すことを学ぼうと励まされた。

スペイン広場での行事のあと、そこから程遠くないフラッテの聖アンドレア教会に教皇は徒歩で行かれ、ユダヤ人無神論者ラティスボーン回心の機会となった、恵みと慈しみの御母聖母マリア像の前で祈られた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

水曜一般謁見教皇フランシスコ:ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、3宗教共通の聖地エルサレムのためにアッピール

2017年12月6日バチカン放送日本語課の記事より

水曜一般謁見教皇フランシスコ:ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、3宗教共通の聖地エルサレムのためにアッピール

12月6日水曜恒例の教皇一般謁見は冬の寒さを避けてバチカン内パウロ6世一般謁見ホールで行われた。この日の一般謁見ホールは世界各国からやって来た巡礼者たちや信者たちで朝早くから一杯になった。

いつものように定刻どおり会場に姿を見せた教皇は会場を埋め尽くした会衆から大歓声で迎えられ、教皇もそれに笑顔で答えながら席に着かれた。一般謁見はカテケシス(教会の教えの解説)をもって始まった。

この日のカテケジスで、教皇は先日終わったばかりのアジアの国々ミャンマーとバングラデシュ司牧訪問について素晴らしい体験だったと話された。

特に両国では数多くの若者たちと直接出会うことが出来、アジアの持つ力強い未来に直接触れることが出来た。彼らの微笑みの中に武器を製造する人々のではなく、平和を希求しそのために働く人々の未来の希望に満ちた姿を目の当たりにしたと、その強い印象について語られた。

カテケジスの後、教皇は数日前にアメリカ大統領がイスラエルのアメリカ大使館をテルアビブからエルサレムに移転するとの発表に触れられ、当地がおかれている現状に関する深い憂慮の念を示された。

教皇は、エルサレムがユダヤ教、キリスト教およびイスラム教にとって聖なる都であり特別な意味を持っており場所であることから平和実現のために唯一無比の役割を果たしていることを改めて強調し、各国関係者らに、この特別な町の持つ特徴に考慮しつつ賢明な対処を呼びかけられた。またさらに、神に、聖地と中東のひいては全世界の平和と共存のためにエルサレムが果たす特別な役割の確保と強化を祈られた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇フランシスコ海外司牧訪問無事終了:聖マリア大聖堂へ感謝の花束奉献

2017年12月3日バチカン放送日本語課の記事より

教皇フランシスコ海外司牧訪問無事終了:聖マリア大聖堂へ感謝の花束奉献

12月2日、 午後9時40分11月26日から始まったミャンマーおよびバングラデシュ司牧訪問から無事にバチカン戻られに戻られた。よく3日日曜日の早朝今回の司牧訪問感謝のため聖マリア大聖堂に赴かれ聖母に真っ白な花束を捧げられた。

2日バングラデシュの若者たちの出会いをもってすべての第21回目となる司牧訪問の公式行事をすべて終えられた教皇フランシスコは、カトリックの若者たちだけではなく他宗教の若者たちにも平和と協調を訴えるメッセージを託された。教皇はミャンマーおよびバングラデシュ両国国民に彼らの暖かい歓迎ぶりに心からの感謝を述べるともに平和と共存の神の豊かな祝福を祈られた。

日曜正午恒例のアンジェラルの祈りに際して、教皇は前日までの長旅の疲れも見せず、聖ペトロ広場を埋め尽くした巡礼者や信者らとともに聖母マリアへの祈りを唱えられた。祈りの前の短いお話の中でまず第一の言葉はこの旅の司牧訪問でミャンマーとバングラデシュで苦しい試練に会いながらも美しいほほえみを絶やさない勇敢な多くの人々と出会うことのできたことを心から神に感謝するというものだった。教皇はさらに彼ら自身の体験から多くのことを学ぶことができたと付け加えられた。

「親愛なる兄弟姉妹の皆さん、この度、ミャンマーとバングラデシュという多くの困難に直面している国々を訪問し、そこで試練に会いながらもほほえみと人間としての尊厳を保ち続けるその崇高さを目の当たりにし、わたしは非常に強気心を打たれました。

わたしの日々の祈りと心の中に彼ら一人ひとりを鮮明に思い起こしております。さらに多くのことを教えてくれたミャンマーとバングラデシュの国民に心からの感謝を捧げます」。 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇、バングラデシュの教会関係者と交流、アジア2カ国訪問を終了 バングラデシの.若者たちに「意見の異なる人々をも受けいれることを学びなさい」

2017年12月2日バチカン放送日本語課の記事より

教皇、バングラデシュの教会関係者と交流、アジア2カ国訪問を終了 バングラデシの.若者たちに「意見の異なる人々をも受けいれることを学びなさい」

バングラデシュを訪れていた教皇フランシスコは、同国のカトリック教会関係者と交流を行われ、11月27日に始まった、ミャンマーとバングラデシュへの、教皇のアジア2カ国訪問も、12月2日で最終日を迎えた。

2日、教皇はバングラデシュの首都ダッカで、教会関係者との様々な行事を通して、同国のカトリック教会の姿に触れた。

同日午前、教皇はテジャオン地区の「マザー・テレサの家」を訪問。関係者に案内され、施設を見学された。同所は、ダッカで神の愛の宣教者会が運営する施設の中で最も小さいものであるが、マザー・テレサは、ダッカを訪れる際にここに滞在していた。教皇はこの「家」で支援を受けているお年寄りや子どもたちとお会いになり、子どもたちのコーラスに耳を傾けられた。

続いて、教皇は近接の聖ロザリオ教会で、バングラデシュの司祭、修道者、神学生らとの出会いを持たれた。教皇はまた、聖ロザリオ教会に付属する墓地を訪れ、ここに眠る多くの修道者たちのために祈られた。

同日午後、教皇はダッカ市内のノートルダム・カレッジに向かわれた、

カレッジの運動場では、若い信者たちが歌やダンスを交えながら、熱心に教皇を歓迎した。

教皇はこの集いで、バングラデシュの青少年たちが生きる現実や、希望、信仰の証しに耳を傾けられた。そして、教皇はバングラデシュの未来を担う若者たちに、力強い励ましの言葉をおくられた。

「親愛なる若者のみなさん、わたしはあなたたちと会うたびにますます若返るのを感じます。

皆さんはいつも熱意に燃え絶えずチャレンジ精神に満ち溢れています。

恐れることなく絶えず前進しなさい。特に多くの問題や悲しみに押しつぶされそうなとき、神の助けや導きがないように思われるときでも。

常に前向きに進んで行きなさい。

目的なしにさ迷うことがあってはなりません。 かえって正しい道をいつも選び取りなさい。

そのためには信仰から生まれるあの叡智が役立ちます。 あたかも神はわたしたちがいつもその聖なるプログラムを見分けることが出来るようにわたしたちの中に特別なソフトを仕込んでくれたかのようです。神の声に耳を傾けながらこのソフトを絶えず更新していかければなりません。

人生は神がわたしたちに託した一つの方向性を持っています。それは神に信頼を置いたわたしたちの両親や祖父母たちの残してくれた叡智でもあります。これを得るためには、わたしたちも世界に目を向け、その現状や問題を神の目をもって見なければなりません。また他人の声に神の耳をもって聞き入る必要もあります。

それだけではなく、さらに全ての人々を神の心をもって愛し、物事を神の価値観をもって判断しなければなりません。

神の叡智はただ利己主義にもたらすだけの幸福への偽の約束を払い去ってくれます。そしてわたしたちとは異なる考えや異なる行動の人々をも受けいれるよう助けてくれるのです。

決して自分自身の小さな世界の中に閉じこもってはなりません。自分の小さな世界に閉じ込もり自分自身だけに身をかがめ、自分と同じ考えのものだけを受け入れるとするなら、いかなる民族も宗教も社会も、いずれは「自分たちだけが正しく、他の人々は間違っている」とする傲慢な思いに落ち込んでいきます。

神の叡智はつね自分自身を他者に向けて開いていくということです。

今日この集いにカトリックの若者たちばかりではなく他の宗教の若者たちも来てくれていることをわたしは大変嬉しく思います。これはたとえ宗教が異なっていてもお互いに手を差し伸べ合い、一致と和合の精神を促進しようとの皆さんの堅い決心を如実に表しています。

たとえそれぞれが異なっていても、共に共通善のために一致して働くこと、わたしは皆さんこれを心からお勧めし励ましたいと思います」。

この若者たちとの出会いによってバングラデシュでの行事を締めくくられた教皇は、アジア2カ国歴訪を終了、現地時間の同日夕方、ダッカを後にし、ローマへの帰途につかれた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

バングラデシュ訪問: 教皇フランシスコは、訪問先のバングラデシュで信者と共にミサを捧げられた。

2017年12月1日バチカン放送日本語課の記事より

バングラデシュ訪問: 教皇フランシスコは、訪問先のバングラデシュで信者と共にミサを捧げられた。

バングラデシュ訪問2日目の、12月1日午前、教皇はダッカの公園でミサを司式され、この中で司祭の叙階式をとり行われた。

バングラデシュでは、人口の約89パーセントがイスラム教徒であり、ヒンドゥー教がおよそ9パーセント、残りをキリスト教徒や仏教徒が占める。カトリック信者は人口の0.24パーセントと少数派に属する。

教皇ミサの行われたスラワルディ公園はバングラデシュの8つの教区から訪れた熱心な信者たちでいっぱいとなった。

ミサはラテン語、英語、ベンガル語で行なわれ、この中で教皇は16人の司祭を叙階された。

教皇はミサの中で次のように話された。

「親愛なる兄弟姉妹の皆さん今日この司祭叙階式という大きなお祝いのためにここに集う皆さん一人一人に心からの挨拶を送ります。皆さんの中には二日以上もかけて遠くから来られた方々もいます。その寛大さに感謝いたします。これは確かに皆さんが教会に対して抱いている大きな愛のしるしです。皆さんがイエス・キリストに対して抱いている愛のあかしです。

皆さんの忠実のためにも私は心から感謝しています。キリストが教えてくれた幸いの道を愛の精神をもって歩み続けてください。そして皆さんの司祭たちのためにたくさん祈ってください。特に今日叙階される新司祭たちのためにお祈りください。

あなた方自身の寛大さに信頼しなさい。どうしたら司祭たちを支えることが出来るか寛大な心が教えてくれるでしょう。しかしなによりも先に第一番の支えは祈りです。皆さんの司祭たちのために祈るのに倦むことがありませんように」。

教皇はミサ中の説教の後、叙階されたばかりの新司祭たちに、これからはいつも善い牧者であるキリストの模範に従い「仕えられる人ではなく仕える人になりなさいと」は励まされた。

同日午後、教皇はダッカ市内のバチカン大使館で、シェイク・ハシナ首相と会見された。

また、夕方から教皇はダッカのカテドラルを訪問。同国の司教団との集いを持たれた。

さらに隣接する大司教館で、教皇はバングラデシュの諸宗教代表者とお会いになった。

この出会いには、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教、キリスト教諸教会から代表が参加、共に平和への願いを述べた。

この中では聖公会の主教と共に、エキュメニカルな平和のための祈りが行われた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇、バングラデシュへ、ダッカで大統領・要人らと会見。ミャンマーからの難民援助の必要性を強調。

2017年11月30日バチカン放送日本語課の記事より

教皇、バングラデシュへ、ダッカで大統領・要人らと会見。ミャンマーからの難民援助の必要性を強調。

ミャンマーを訪問していた教皇は、30日午前、ヤンゴンのカテドラルで若者たちと共にミサを捧げられた後、空港での送別式を経て、第2の訪問国バングラデシュに向かわれた。教皇フランシスコは、11月30日、バングラデシュに到着、大統領・要人らと会見された。

現地時間同日午後、バングラデシュの首都ダッカに到着された教皇は、空港でアブドゥル・ハミド大統領の出迎えを受けられた。

空港から教皇は、ダッカ北西サバールにあるナショナル・メモリアルを訪問された。

このモニュメメントは、1971年のバングラデシュ独立戦争のために命を捧げた人々を思い起こすもの。

教皇はモニュメントに献花し、訪問の記帳と、平和を願う植樹を行われた。次いで、教皇は、バングラボンドゥ記念博物館を訪れた。

同所は、バングラデシュの父と呼ばれ、同国の初代大統領、第2代首相、第4代大統領を務めたムジブル・ラーマンの家を博物館としたもので、ラーマン大統領はこの家で1975年に暗殺された。ラーマン氏の遺族らに迎えられた教皇は、ここで沈黙の祈りを捧げられた。

そして、ダッカ中心部に入った教皇は、大統領府でハミド大統領と会談。

続いて、大統領府内でバングラデシュの政界や宗教界の要人、同国駐在外交団ら、およそ400人を前に到着の挨拶をおくられた。

教皇フランシスコは先ず第一にミャンマー西部のラカイン州からバングラデシュに流れ込んでいる何十万人もの難民の悲惨な現状に心を痛め、 国際社会はこの深刻な危機に対し効果的な対策を取る必要のあることを強調し速やかな行動をと訴えた。

「兄弟姉妹の皆さん、誰もこの悲惨な現状に目を瞑るわけには行きません。

わたしたちの多くの兄弟姉妹たち、その中の大部分がか弱い女性やこどもたちが、難民キャンプで多大な苦難に遭遇し生命の危険にすらさらされています。このような危機的状況にあって国際共同体は効果的な対策を実行する必要に迫られています。

ただ政治的な問題の解決を目指すだけではなく、多くの難民たちを受けいれ具体的、人道的な援助を惜しまないバングラデシュに必要物資を提供するなどの実際的な補助が必要です。

人は生きそして発展して行くためには国であれ民族であれ、いかなる共同体も個人も、協力共存が必要です。孤立していては生きていくことも発展することも不可能なのです。

人類という一つの家族の一員として私たちはお互いを必要とし、互いに依存し合っていることを忘れてはなりません。

ただ誠実な対話と相互の尊重によって、それぞれ異なるものを一つにし、それぞれに異なる意見の価値をも見出すことが出来るのです。. なぜなら真の対話はいつも未来に目を向け、共通善のために一致を築き、全ての人々、特に声なき貧しい人々や疎外されている人々の必要に開かれているからです」。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

ミャンマー:教皇、ヤンゴンでミサ「十字架のイエスを人生の羅針盤に」

2017年11月29日バチカン放送日本語課の記事より

ミャンマー:教皇、ヤンゴンでミサ「十字架のイエスを人生の羅針盤に」

教皇フランシスコは、司牧訪問先のミャンマーで、信者と共にミサを捧げられた。

ミャンマー滞在3日目となった11月29日午前、教皇はヤンゴンの競技場でミサをとり行われた。

ミャンマーは、仏教徒が大多数を占め、キリスト教徒は人口のおよそ6.2%を占めている。カトリック信者数は、人口に対し1.27パーセントにあたる、約66万人。

教皇を迎え、同国のカトリック共同体の喜びは大きく、ミサ会場には、近隣地域はもとより、遠い山岳地帯に至るまで、ミャンマー全土から信者たちおよそ15万人が詰めかけた。

ミサの説教の冒頭で教皇は、皆さんに耳を傾け、そこから学び、希望と慰めの言葉をおくるために、巡礼者としてミャンマーにやって来たと述べられた。

神の叡智と十字架をテーマにした説教で、教皇は、イエスこそが神の叡智そのものであり、十字架上のイエスは、神から来る光と共にわたしたちの人生を導く確かな羅針盤であると話された。

また、十字架は癒しをもたらすものでもあると教皇は指摘。

イエスはわたしたちのためにその傷を御父に捧げ、その傷を通してわたしたちは癒されると語られた。

わたしたちは癒しは怒りや復讐によって得られると考えがちだが、しかしながら、復讐はイエスの道ではないと教皇は述べ、復讐と拒絶がイエスを受難と死に向かわせたが、イエスはそれに対し、赦しと憐れみをもって答えたと話された。

聖体の恵みの中に、わたしたちは信仰の目を通して、イエスの御体と御血を認めるが、わたしたちはまた、キリストの御傷の中に安息を見出し、そこで自分たちの罪や過ちから清められることを学ぶと教皇は説いた。

キリストの御傷の中に安らぎを得ながら、皆さんはそこで御父のいつくしみの香油に癒されると共に、他の人々の傷を癒すための力を得ていると教皇は話し、ミャンマーの教会が貧しく苦しむ人々に連帯と支援の業を積極的に行なっていることを称賛。

生き生きとしたミャンマーの教会の姿に喜びを表された教皇は、これからも神から与えられた叡智と愛を他の人々と分かち合い続けて欲しいと、信者らを励まされた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

ミャンマー:教皇、仏教指導者らと会見

2017年11月29日バチカン放送日本語課の記事より

ミャンマー:教皇、仏教指導者らと会見

教皇フランシスコは、ミャンマーの仏教指導者らと会見された。

現地時間11月29日午後、教皇はヤンゴン郊外のカバーエーパゴダで、ミャンマーにおける仏教の出家修行者の組織、国家サンガ大長老会議のメンバーとお会いになった。

教皇は、ミャンマー仏教界の最高位、バダンタ・クマラビヴァム会長に迎えられ、心のこもった挨拶を受けられた。

教皇もまた関係者への挨拶で、このたびの出会いを、仏教界とカトリック教会の友好関係を新たに強め、平和や、人間の尊厳の尊重、すべての人に対する正義のための共通の努力を確認する機会として感謝された。

今日、世界は大きな技術的発展を遂げ、人々は人類の共通の未来への認識を深めているにも関わらず、紛争や、貧困、迫害は続き、新しい分裂が生まれていると教皇は指摘。

このような挑戦を前に、わたしたちは決して諦めてはならないと強調しつつ、それぞれの伝統と霊性のもと、癒しと、相互理解・尊重をもたらす道、すなわち、憐れみと愛に基づく道を進んでいかなければならないと述べられた。

教皇は、仏教徒とカトリック信者が共に並びながら、世界のすべての人々の善のために、長い癒しの道を共に歩んでいくことを希望された。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇、ミャンマーの司教らとの集い

2017年11月29日バチカン放送日本語課の記事より

教皇、ミャンマーの司教らとの集い

教皇フランシスコは、ミャンマーの司教らとの集いを持たれた。

ミャンマー訪問中の教皇は、現地時間11月29日午後、ヤンゴンの大司教館で、同国の司教団とお会いになった。

教皇はこの集いで、癒し、寄り添い、預言をテーマに講話し、司教らを励まされた。

この席で教皇は、深い分裂を乗り越え、国内に一致をもたらすための癒しとして、互いの違いを豊かさとして受け止め、成長の機会とする、出会いと連帯の文化を人々と共に再発見して欲しいと望まれた。

そして、そのために、キリスト教教会間のエキュメニカル対話、諸宗教間の協力の重要性を指摘された。

また、教皇はキリストの光を辺境にもたらすために「外に向かう教会」として、人々に積極的に寄り添い、若者たちをはじめ信者らを愛を込めて育成し、彼らを聖性と、忠実、奉仕の精神へと導いて欲しいと願われた。

さらに、教皇は教会の預言的役割として、教育や福祉、人権擁護、民主主義の原則の保護などを通して福音を証しするよう希望。

特に、未来の世代のために、環境保護の必要性と、豊かな天然資源の正しい使用を保証することの大切さを説かれた。

翌11月30日、教皇はヤンゴンのカテドラルで若者たちのためにミサを捧げた後、ミャンマーを発ち、次の訪問国バングラデシュに向かわれる。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]