月別アーカイブ: 2017年10月

「わたしは復活であり、命である」イエスの言葉に希望を置く、教皇一般謁見

2017年10月18日バチカン放送日本語課の記事より

「わたしは復活であり、命である」イエスの言葉に希望を置く、教皇一般謁見

教皇フランシスコは、バチカンで10月18日、水曜恒例の一般謁見を行われた。

謁見中の教皇によるカテケーシス(教会の教えの解説)では、キリスト教的希望をめぐり、「主のうちに死ぬ者は幸い」をテーマに考察が続けられた。

教皇の講話に先立ち、ヨハネ福音書11章、ラザロの死に対し、イエスがラザロの姉妹マルタに、「あなたの兄弟は復活する」「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる」と言う場面が朗読された。

教皇は、死の現実は、現代の文明の中で消されつつあると述べる一方、「生涯の日を正しく数えるように教えてください。知恵ある心を得ることができますように」(詩編90,12)などの言葉に見られる、昔の人たちが持っていた死と正面から向き合う勇気を指摘。

死はわたしたちの人生を裸にし、わたしたちのプライドや怒りや憎しみが、ただの虚栄に過ぎなかったことに気付かせると共に、十分に愛さなかったこと、人生の本質を追求しなかったことを悔やませ、また、それと反対に、自分が蒔いた真に良い種を見つめることになると話された。

ラザロのエピソードを振り返った教皇は、イエスが友ラザロの墓を前に「心に憤りを覚え」て、「涙を流された」(ヨハネ11,35)その態度を、イエスをわたしたちの兄弟としてとても近くに感じさせるものと話された。

イエスは命の泉である御父に祈り、ラザロに墓から出てくるように命ずると、ラザロは出てきた。教皇は、キリスト教的希望は、イエスの人間の死に対するその態度から力を汲み取っていると述べられた。

教皇は、イエスが人の死を前にした時の、もう一つのエピソードとして、マルコ福音書5章、「ヤイロの娘」のエピソードを示された。

会堂長の一人ヤイロは、自分の幼い娘が死にかけていると、イエスのもとに来て助けを願い、そこで、イエスはヤイロと一緒に出かけて行った。しかし、途中で子どもはもう亡くなったと知らされるが、イエスはヤイロに「恐れることはない。ただ信じなさい」(マルコ5,36)と言った。そして、イエスは家に入り、少女を死から目覚めさせ、両親の手に返した。

イエスはこうして、わたしたちを信仰の尾根の上に立たせると述べた教皇は、兄弟ラザロを亡くして泣くマルタにイエスが言った「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも決して死ぬことはない。このことを信じるか」(ヨハネ 11,25-26)という言葉は、わたしたちが人生の中で命や愛情と引き離されるたびに繰り返されていると説かれた。

わたしたちは皆、死の神秘を前に小さく無力であるが、その時、心に信仰のともし火が灯っているならばどれほどの恵みだろうかと語る教皇は、イエスはヤイロの娘にしたように、わたしたちの手を取って、「少女よ、起きなさい」( マルコ5,41)と繰り返してくださるだろうと話した。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[鳥栖]年間第28主日ミサ説教(2017.10.15.)

鳥栖教会11時からの「年間第28主日」ミサ説教[18分]。

福岡市博多区にある美野島司牧センター所長のマルセル・コース神父と3人のスタッフが来られ、センターの現状について説明してくださり、支援を呼びかけてくださいました。

[鳥栖]ここをクリックして聴くことができます。

【福音】[そのとき、イエスは祭司長や民の長老たちに]たとえを用いて語られた。「天の国は、ある王が王子たちのために婚宴を催したのに似ている。王は家来たちを送り、婚宴に招いておいた人々を呼ばせたが来ようとしなかった。そこでまた、次のように言って、別の家来たちを使いに出した。『招いておいた人々にこう言いなさい。「食事の用意が整いました。牛や肥えた家畜を屠(ほふ)って、すっかり用意ができています。さあ、婚宴においでください。」』しかし、人々はそれを無視し、一人は畑に、一人は商売に出かけ、また、他の人々は王の家来たちを捕まえて乱暴し、殺してしまった。そこで、王は怒り、軍隊を送って、この人殺しどもを滅ぼし、その町を焼き払った。そして、家来たちに言った。『婚宴の用意はできているが、招いておいた人々は、ふさわしくなかった。だから、町の大通りに出て、見かけた者はだれでも婚宴に連れて来なさい。』そこで、家来たちは通りに出て行き、見かけた人は善人も悪人も皆集めて来たので、婚宴は客でいっぱいになった。」…(マタイ22章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[小郡]年間第28主日前晩ミサ説教(2017.10.14.)

小郡教会19時30分からの「年間第28主日」前晩ミサ説教[17分]。

[小郡]ここをクリックして聴くことができます。

 

【福音】[そのとき、イエスは祭司長や民の長老たちに]たとえを用いて語られた。「天の国は、ある王が王子たちのために婚宴を催したのに似ている。王は家来たちを送り、婚宴に招いておいた人々を呼ばせたが来ようとしなかった。そこでまた、次のように言って、別の家来たちを使いに出した。『招いておいた人々にこう言いなさい。「食事の用意が整いました。牛や肥えた家畜を屠(ほふ)って、すっかり用意ができています。さあ、婚宴においでください。」』しかし、人々はそれを無視し、一人は畑に、一人は商売に出かけ、また、他の人々は王の家来たちを捕まえて乱暴し、殺してしまった。そこで、王は怒り、軍隊を送って、この人殺しどもを滅ぼし、その町を焼き払った。そして、家来たちに言った。『婚宴の用意はできているが、招いておいた人々は、ふさわしくなかった。だから、町の大通りに出て、見かけた者はだれでも婚宴に連れて来なさい。』そこで、家来たちは通りに出て行き、見かけた人は善人も悪人も皆集めて来たので、婚宴は客でいっぱいになった。」…(マタイ22章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[小郡][鳥栖]ミサ時間と場所(2017.10.14.〜10.29.)

主日のミサ時間は来年3月まで小郡教会8時30分〜、鳥栖教会11時〜です。前晩(土曜日)のミサは毎週小郡教会で19時30分〜です。*鳥栖カトリック幼稚園園舎新築工事のため駐車場が使用できないので。

平日のミサは通常、火曜日から金曜日まで聖クララ修道院で6時30分からしています。ゆっくり静かに捧げられるミサです。自由に参加できます。10月16日(月)〜20日(金)まで平日のミサは教区司祭黙想会のためありません。21日(土)は6時30分から修道院でミサがあります。

第二、第四土曜日は朝7時から基山教会で平日のミサが行われています。清々しい空気と早朝の光りの中でのミサは心が洗われるようです。

 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[基山]血縁を越えるつながり[2017.10.14.オミリア]

《年間第27土曜日》基山教会聖堂で7時から行われたミサのオミリア[7分]を聴くことができます。

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

【福音】[そのとき、]イエスがこれらのことを話しておられると、ある女が群衆の中から声高らかに言った。「なんと幸いなことでしょう。あなたを宿した胎、あなたが吸った乳房は。」しかし、イエスは言われた。「むしろ、幸いなのは神の言葉を聞き、それを守る人である。」(ルカ11章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[小郡]「年間第27主日」前晩ミサ説教(2017.10.7.)動画

小郡教会19時30分からの「年間第27主日前晩」ミサの様子と説教。

[小郡]ここをクリックして聴くことができます。

【第一朗読】…わたしの愛する者は、肥沃な丘にぶどう畑を持っていた。よく耕して石を除き、良いぶどうを植えた。その真ん中に見張りの塔を立て、酒ぶねを掘り良いぶどうが実るのを待った。しかし、実ったのは酸っぱいぶどうであった。…。」(イザヤ5章)

【第二朗読】[皆さん、]…わたしから学んだこと、受けたこと、わたしについて聞いたこと、見たことを実行しなさい。そうすれば、平和の神はあなたがたと共におられます。(フィリピ4章)

【福音】[そのとき、イエスは祭司長や民の長老たちに言われた。]「…そこで最後に、『わたしの息子なら敬ってくれるだろう』と言って、主人は自分の息子を送った。…。」(マタイ21章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[クララ]掃き清めた後に[2017.10.13.オミリア]

《年間第27金曜日》聖クララ会聖堂で6時30分から行われたミサのオミリア[6分]を聴くことができます。

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

 

【福音】[そのとき、イエスは悪霊どもを追い出しておられたが、人々の]中には、「あの男は悪霊の頭ベルゼブルの力で悪霊を追い出している」という者や、イエスを試そうとして、天からのしるしを求める者がいた。しかし、イエスは彼らの心を見抜いて言われた。「…汚れた霊は、人から出て行くと、砂漠をうろつき、休む場所を探すが、見つからない。それで、『出て来たわが家に戻ろう』と言う。そして、戻ってみると、家は掃除をして、整えられていた。そこで、出かけて行き、自分よりも悪いほかの七つの霊を連れて来て、中に入り込んで、住み着く。そうなると、その人の後の状態は前よりも悪くなる。」(ルカ11章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

目覚めて待つことの大切さ、教皇一般謁見

2017年10月11日バチカン放送日本語課記事より

目覚めて待つことの大切さ、教皇一般謁見

教皇フランシスコは、バチカンで10月11日、水曜恒例の一般謁見を行われた。

謁見中、教皇は「キリスト教的希望」をめぐるカテケーシス(教会の教えの解説)として、「目覚めて待つこと」をテーマに講話された。

「腰に帯を締め、ともし火をともしていなさい。主人が婚宴から帰って戸をたたくとき、すぐに開けようと待っている人のようにしていなさい」 (ルカ 12,35-36)。

教皇はイエスのこの言葉を示しつつ、主人が帰るまで決して眠らないしもべのように、目覚めて待つことを福音は教えていると話された。

「イエスは、わたしたちが神から贈られた毎日を感謝と驚きをもって受け入れるために、勤勉で、決して油断することがないようにと望まれている。」

「わたしたちはすでにイエスの贖いによって救われたが、イエスの完全な統治が表されるとき、『神がすべてにおいてすべてとなられる』( 参考:1コリント15,28)そのときを、わたしたちは待っている。救いと主との出会いのために、わたしたちは準備を整えていなければならない。」

教皇はこのように語られた。

「キリスト者は退屈を知らない、忍耐強い人々である」と言う教皇は、「キリスト者は単調な毎日にも、隠れた恵みの神秘を見つけ、どんな状況にあっても、愛に対して無感覚になることはない」、「全世界が希望を否定しても、キリスト者は未来にキリストの再臨があることを知っている」と話された。

イエスを知るおかげで、わたしたちは信頼と希望のうちに、歴史を注意深く見つめることができると教皇は指摘。

イエスは家で、わたしたちはその中にいるように、その窓を通してわたしたちは世界を眺め、自分自身や自分の過去に捉われずに、神の摂理の絶え間ない配慮の業としての未来を見つめることができると説かれた。

神は決して失望させない方であり、わたしたちに対するその御旨は、曖昧なものではなく、まっすぐな救いの計画であると教皇は話された。

「マラナ・タ」「主イエスよ、来てください」(黙示録22,20)と言う初期のキリスト教徒たちの言葉は、今もすべてのキリスト者たちによって繰り返されていると教皇は述べつつ、人生の困難な日々に、祈りの中で、「見よ、わたしはすぐに来る」(黙示録22,7)と、わたしたちを励ますその声を聞けるならば、どんなに大きな恵みだろうかと語られた。

教皇はこの謁見の席で、来る10月13日に、ポルトガル・ファティマで聖母の最後の出現から100年の記念年が閉幕することに言及。

主の母、宣教の女王マリアを見つめながら、特にロザリオの月であるこの10月、世界平和の意向のためにロザリオの祈りを捧げるよう、信者らを招かれた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[クララ]聖霊が与えられる[2017.10.12.オミリア]

《年間第27木曜日》聖クララ会聖堂で6時30分から行われたミサのオミリア[3分]を聴くことができます。

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

【入祭唱】神よ、あなたが息を送られるとすべては生き、地の面は新たにされる。

【集会祈願】全能の神よ、わたしたちがいつも聖霊の光を求め、ことばと行いをもって、み旨を果たすことができるように導いてください。聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

【奉納祈願】神よこの供ものを聖霊によってとうといものにしてください。心からの奉献を受け入れ、主と結ばれるわたしたちを、永遠の供えものとしてくださいますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

【拝領祈願】神よ、いのちの糧に養われ、感謝の祈りをささげます。キリストの結ばれた人が聖霊に導かれ、正しい道を歩み続けることができますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

【福音】[そのとき、イエスは]弟子たちに言われた。「…このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして天の父は求める者に聖霊を与えてくださる。(ルカ11章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

「ぶどう園と農夫」のたとえを観想、教皇、日曜正午の集い

2017年10月9日バチカン放送日本語課記事より

「ぶどう園と農夫」のたとえを観想、教皇、日曜正午の集い

教皇フランシスコは、バチカンで10月8日、日曜正午の祈りの集いを持たれた。

教皇は説教で、この日の福音朗読箇所、マタイ福音書中の「ぶどう園と農夫」のたとえ(21,33-43)を取り上げられた。

このたとえ話では、農夫たちの主人への忠実が試される。

ある家の主人がぶどう園を作り、それを農夫たちに貸し、世話を託した。収穫の時期、主人は収穫を受け取るために自分のしもべたちを送ったが、農夫たちはぶどう園が自分たちの所有であるかのように振る舞い、収穫を手渡すのを拒み、主人のしもべたちに乱暴し、殺すまでに至った。

忍耐強い主人は、さらに多くのしもべを送ったが、結果は同じであった。最後には、主人は自分の息子を送ることを決意するが、農夫たちは跡取り息子を殺して、相続財産を自分たちのものにしようと、主人の息子までをも殺してしまった。

教皇はこのたとえ話は、イスラエルの歴史をめぐる預言者たちの叱責を寓意的に表していると説明。

それは神が人間と結ぶことを望まれた契約について語るものだが、その契約の歴史にわたしたちもまた連なっていることを思い起こさせた。

神と人間との契約の歴史には、すべての愛の物語と同様、良い時もあれば、裏切りや拒否に会うこともあると教皇は述べつつ、このたとえ話に見るように、神はわたしたちの過ちや罪に失望することがあっても諦めず、仕返しするのではなく愛する方であり、「家を建てる者の捨てた石」から、やがて「隅の親石」となったイエスを通して、神はご自身のぶどう畑の「新しいぶどう酒」、すなわち「いつくしみ」を行き渡らせる、と語られた。

辛抱強く、優しい神の御旨を前に、唯一つ障害となるものは、わたしたちの傲慢さや自惚れであると教皇は指摘。

実を結ばせないこうした態度に対する神の強い警告として、「神の国はあなたたちから取り上げられ、それにふさわしい実を結ぶ民族に与えられる」(マタイ21,43)というイエスの言葉を示された。

教皇は、主のぶどう園になるようにとの主の呼びかけに、善の実をもって答えるという急務に皆を招きながら、この愛の歴史に加わり、開いた、活気あるぶどう園となり、豊かな実と希望をもたらすことができるようにと願われた。

また、教皇は、閉鎖的なぶどう園は荒廃し、良いぶどうをもたらさないと述べ、あらゆる場所が主のぶどう園であるべきことを思い出すために、わたしたちは、ぶどう園の外の、わたしたちと共にいない兄弟姉妹たちに奉仕するよう召されていると話された。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]