月別アーカイブ: 2018年10月

「十字架という王座を選び、自らを与える神」教皇、日曜の集いで

2018年10月21日バチカン放送日本語課の記事より。

「十字架という王座を選び、自らを与える神」教皇、日曜の集いで

教皇フランシスコは、「奉仕の道は、出世を渇望する病に最も有効な薬」と話された。

教皇フランシスコは、バチカンで10月21日、日曜正午の祈りの集いを持たれた。

祈りに先立つ説教で、教皇はこの日の福音朗読箇所、イエスが栄光を受ける時には自分たちをイエスの左右に座らせて欲しいと、弟子ヤコブとヨハネが師イエスに願い出る場面 (マルコ10,35-45)を取り上げられた。

教皇は、イエスはここでも大きな忍耐をもって、弟子たちをこの世のメンタリティーから、神のそれへと回心させようとしている、と話された。

イエスの最初の弟子たちであるヤコブとヨハネは、イエスとその御国への情熱に燃えていたが、彼らの熱心さはこの世の精神に染まっていた、と教皇は指摘。

そのため、イエスは「あなたがたは、自分が何を願っているか、分かっていない。このわたしが飲む杯を飲み、このわたしが受ける洗礼を受けることができるか」(同10, 38)と言われたが、特権を熱心に望むヤコブとヨハネは、「できます」(同10, 39)と答えるばかりであり、ここに至っても、彼らは自分たちの言っていることが分かっていなかった、と、その状況を説明された。

イエスのこの言葉は、ヤコブとヨハネも、他の弟子たちと同じく、その時が来れば、ご自身の十字架に加わることになるだろうという預言であったが、それは同時に「わたしに従い、犠牲における愛の道を学びなさい」という師の招きでもあったと教皇は述べた。

また、他の10人の弟子たちも、これを聞いてヤコブとヨハネのことで腹を立て始めたが、それは彼らも同様にこの世の精神に煩わされていることの証拠であった、と話された。

そこで、イエスは弟子たちに「あなたがたも知っているように、異邦人の間では、支配者と見なされている人々が民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。しかし、あなたがたの間では、そうではない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、一番上になりたい者は、すべての人の僕になりなさい」(同10,42-44)と教えられた。

「人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである」(同10,45)というイエスの言葉を教皇は観想。

地上の支配者たちがその権力のために「王座」を築く一方で、神は十字架という心地よくない王座を選び、自分の命を与えることで、その王国を治める、というイエスのメッセージをそこに示された。

「奉仕の道は、出世を渇望する病に最も有効な薬」と述べた教皇は、わたしたちがキリストの弟子として、この福音を受け入れ、貧しい人々に愛と単純さをもって奉仕できるようにと祈られた。

21 10月 2018, 17:00
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

世界宣教の日:教皇「若者たちと共に、これこそが道」

2018年10月21日バチカン放送日本語課の記事より。

世界宣教の日:教皇「若者たちと共に、これこそが道」

10月21日、カトリック教会の「世界宣教の日」が記念された。

教皇フランシスコは、10月21日、バチカンで行われた日曜正午の集いで、この日記念された「世界宣教の日」に言及された。

カトリック教会の「世界宣教の日」は、すべての信者の宣教心を喚起すると共に、宣教のための霊的・物質的援助と、宣教者間の交流推進を目的とするもので、10月の最後から2番目の日曜日に記念される。

今年のテーマは、「若者たちと共に、福音をすべての人に伝えよう」。

「『若者たちと共に』、これこそが道です」と述べた教皇は、現在バチカンで開催中の「若者」をテーマとするシノドスにおいて、イエスの中に人生の意味と喜びを見出した青年たちの、たくさんの証しに接していると話された。

そして、これらの若者たちは、すでに教会活動に参加している同年代の人たちのおかげでイエスと出会ったという場合が多いと紹介された。

教皇は、新しい世代の人々に、宣教精神と、教会のミッションに協力するための召命が欠けることがないようにと願われた。

21 10月 2018, 18:00
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[クララ]かなめ石はキリスト・イエス御自身[2018.10.23.オミリア]

《年間第29火曜日》聖クララ修道会聖堂で6時30分から行われたミサのオミリア[10分]を聴くことができます。

当日の聖書朗読箇所をぜひお読みになってください。あなたへのメッセージに気づかれると思います。少しずつ慣れて来られると「み言葉」があなたの中で生きていることを感じられるでしょう

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

【第一朗読】[皆さん、あなたがたは、]そのころは、キリストとかかわりなく、イスラエルの民に属さず、約束を含む契約と関係なく、この世の中で希望を持たず、神を知らずに生きていました。しかしあなたがたは、以前は遠く離れていたが、今や、キリスト・イエスにおいて、キリストの血によって近い者となったのです。実に、キリストはわたしたちの平和であります。二つのものを一つにし、御自分の肉において敵意という隔ての壁を取り壊し、規則と戒律ずくめの律法を廃棄されました。こうしてキリストは、双方を御自分において一人の新しい人に造り上げて平和を実現し、十字架を通して、両者を一つの体として神と和解させ、十字架によって敵意を滅ぼされました。キリストはおいでになり、遠く離れているあなたがたにも、また、近くにいる人々にも、平和の福音を告げ知らせられました。それで、このキリストによってわたしたち両方の者が一つの霊に結ばれて、御父に近づくことができるのです。従って、あなたがたはもはや、外国人でも寄留者でもなく、聖なる民に属する者、神の家族であり、使徒や預言者という土台の上に建てられています。そのかなめ石はキリスト・イエス御自身であり、キリストにおいて、この建物全体は組み合わされて成長し、主における聖なる神殿となります。キリストにおいて、あなたがたも共に建てられ、霊の働きによって神の住まいとなるのです。(エフェソ2章)

【福音】[そのとき、イエスは弟子たちに言われた。]「腰に帯を締め、ともし火をともしていなさい。主人が婚宴から帰って来て戸をたたくとき、すぐに開けようと待っている人のようにしていなさい。主人が帰って来たとき、目を覚ましているのを見られる僕(しもべ)たちは幸いだ。はっきり言っておくが、主人は帯を締めて、この僕(しもべ)たちを食事の席に着かせ、そばに来て給仕をしてくれる。主人が真夜中に帰っても、夜明けに帰っても、目を覚ましているのを見られる僕(しもべ)たちは幸いだ。」(ルカ福音書12章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[小郡]年間第29主日ミサ説教(2018.10.21.)

《年間第29主日:世界宣教の日》小郡教会聖堂で11時から行われたミサの説教[14分]を聴くことができます。

[小郡]ここをクリックして聴くことができます。

【福音】…。「あなたがたも知っているように、異邦人の間では、支配者と見なされている人々が民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。しかし、あなたがたの間では、そうではない。あなたがたの中でえらくなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、すべての人の僕(しもべ)になりなさい。人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである。」(マルコ福音書10章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[鳥栖]年間第29主日ミサ説教(2018.10.21.)

《年間第29主日:世界宣教の日:子どもとともにささげるミサ》鳥栖教会聖堂で8時30分から行われたミサの説教[9分]を聴くことができます。

[鳥栖]ここをクリックして聴くことができます。

【第二朗読】[皆さん、]わたしたちには、もろもろの天を通過された偉大な大祭司、神の子イエス・キリストが与えられているのですから、わたしたちの公に言い表している信仰をしっかり保とうではありませんか。この大祭司は、わたしたちの弱さに同情できない方ではなく、罪を犯されなかったが、あらゆる点において、わたしたちと同様に試練に遭われたのです。だから、憐れみを受け、恵みにあずかって、時宜にかなった助けをいただくために、大胆に恵みの座に近づこうではありません。(ヘブライ4章)

【福音】…。「あなたがたも知っているように、異邦人の間では、支配者と見なされている人々が民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。しかし、あなたがたの間では、そうではない。あなたがたの中でえらくなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、すべての人の僕(しもべ)になりなさい。人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである。」(マルコ福音書10章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[小郡]年間第29主日前晩ミサ説教(2018.10.20.)

《年間第29主日前晩:世界宣教の日》小郡教会聖堂で19時30分から行われたミサの説教[14分]を聴くことができます。

[小郡]ここをクリックして聴くことができます。

【福音】…。「あなたがたも知っているように、異邦人の間では、支配者と見なされている人々が民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。しかし、あなたがたの間では、そうではない。あなたがたの中でえらくなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、すべての人の僕(しもべ)になりなさい。人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである。」(マルコ福音書10章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇、韓国大統領と会談

2018年10月18日バチカン放送日本語課の記事より。

教皇、韓国大統領と会談

教皇フランシスコは、韓国の文在寅大統領とお会いになった。

教皇フランシスコは、10月18日、バチカン宮殿に、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を迎えられた。

教皇と文大統領との会談は、和やかな雰囲気のもとに行われた。

会談では、特にバチカンと韓国の友好関係、およびカトリック教会の韓国の社会・教育・医療の分野における貢献、また朝鮮半島の対話と和解の推進のための寄与が強調された。

また、朝鮮半島に未だ存在する緊張を克服し、平和と発展の新時代を開くための、あらゆる有効な取り組みにおける共通の努力に対し、明確な評価が示された。

最後に、地域のいくつかの問題がテーマとなった。

文大統領は、教皇との会談に続き、バチカン国務長官ピエトロ・パロリン枢機卿および外務局長リチャード・ギャラガー大司教とも会見した。

これに先立つ10月17日、バチカンの聖ペトロ大聖堂で、バチカン国務長官パロリン枢機卿により、朝鮮半島の「平和のためのミサ」が捧げられ、文大統領もこのミサに参列した。

18 10月 2018, 16:55
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

バチカン国務長官「教皇は北朝鮮訪問に前向きな回答」

2018年10月19日バチカン放送日本語課の記事より。

バチカン国務長官「教皇は北朝鮮訪問に前向きな回答」

バチカン国務長官ピエトロ・パロリン枢機卿は、教皇フランシスコが北朝鮮を訪問することに前向さを示した、と明らかにした。

バチカン国務長官ピエトロ・パロリン枢機卿は、教皇フランシスコが北朝鮮を訪問することに対し、前向きな姿勢を表明したと述べた。

同枢機卿は、10月18日、聖パウロ6世の回勅をめぐる本、「回勅『フマネ・ヴィテ』の誕生」(バチカン出版局)の記者発表の席で、報道関係者の質問に答えた。

パロリン枢機卿は、すでに報道されているように、韓国の文在寅大統領が、教皇フランシスコとの会談の際、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長からの教皇の訪朝を望むとの旨を伝え、教皇がこれに前向きさを示したのは、本当であると述べた。

韓国大統領はこの件を口頭で伝え、教皇もそれに対し口頭で答えたであろうという意味で、これはまだ最初のアプローチの段階であると、同枢機卿は話した。

パロリン国務長官は、この訪問を真剣に検討する段階になれば、当然、それを実現するための条件が要求されると述べると共に、自身の見解では、こうした訪問には、周到な準備と考察が必要と語った。

教皇の訪問はどのような貢献をもたらすかという質問に対し、同国務長官は、今回の韓国大統領のバチカン訪問が、朝鮮半島の平和と非核化のプロセスに寄与しているように、教皇の訪問も同様の貢献をもたらすだろうと話した。

 

19 10月 2018, 15:26
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

十戒の「殺してはならない」とは、愛への招き、教皇一般謁見

2018年10月17日バチカン放送日本語課の記事より。

十戒の「殺してはならない」とは、愛への招き、教皇一般謁見

教皇フランシスコは、一般謁見で、「十戒」の「殺してはならない」をめぐり考察を続けられた。

教皇フランシスコは、バチカンで10月17日、水曜恒例の一般謁見を行われた。

謁見中の教皇によるカテケーシス(教会の教えの解説)では、先週に続き、モーセの「十戒」の第5戒「殺してはならない」をめぐる考察が続けられた。

兄弟への怒りに対する、イエスの教え

カテケーシスの冒頭、マタイ福音書の数節(5,21-24)が朗読された。

この箇所でイエスは、「あなたがたも聞いているとおり、昔の人は『殺すな。人を殺した者は裁きを受ける』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。兄弟に腹を立てる者はだれでも裁きを受ける」(マタイ5,21-22)と教えている。

さらに、イエスは、「兄弟に『ばか』と言う者は、最高法院に引き渡され、『愚か者』と言う者は、火の地獄に投げ込まれる。だから、あなたが祭壇に供え物を捧げようとし、兄弟が自分に反感を持っているのをそこで思い出したなら、その供え物を祭壇の前に置き、まず行って兄弟と仲直りをし、それから帰って来て、供え物を捧げなさい」(同5,23-24)と、兄弟を決して罵らず、和解するようにと説いている。

「十戒」に、より深い意味を与えるイエス

教皇は、イエスはこの教えを通して、「十戒」中の「殺してはならない」という掟に、より深い意味を与えられた、と話された。

教皇は、イエスはここで、兄弟に対する怒りも、人を殺すことの一つの形であると明言しており、それは「兄弟を憎む者は皆、人殺しです」(1ヨハネ3,15)と、使徒聖ヨハネも記すとおりであると話された。

また、イエスはそれだけにとどまらず、同じ論理をもって、兄弟を罵ることや軽蔑することも、人を殺すことと同様にみなしていることを、教皇は指摘。

人間のどのような法律も、裁きにおいて、これほど異なるものを同列にみなしているものはないと話された。

さらに、イエスは、祭壇に供え物を捧げる前に、まず行って兄弟と仲直りをし、それから、供え物を捧げるようにと教えている。

「殺すな」とは、愛することへの第一歩

教皇は、イエスが「十戒」の第5戒「殺してはならない」の領域をここまで拡大したのは、なぜだろうかと問われた。

人間は気高く繊細な命を持ち、体と同様に大切な「わたし」を隠し持っていると述べた教皇は、無垢な子どもを傷つけるには、不用意な言葉一つで十分であり、一人の人を破滅させるには、彼を無視するだけで足りると語られた。

こうしたことから教皇は、「『愛さない』ことは、殺すことへの最初の一歩であり、それに対し、『殺すな』ということは、愛することへの第一歩である」と説かれた。

人間の命には、愛が必要

教皇は、「お前の弟アベルは、どこにいるのか」という神の問いに、「知りません。わたしは弟の番人でしょうか」(創世記4,9)と答えた、聖書における最初の殺人者、カインの言葉を引用。

「お前の兄弟は、どこにいるのか」という神の問いに、「知らない。わたしには関係ない」という殺人者たちに対し、わたしたちは兄弟たちを「知っている」「わたしたちは互いに守り合う関係にある」と答えられるようでなければならない、と話された。

「人間の命には愛が必要」と教皇は述べ、真の愛とは「キリストがわたしたちに示されたいつくしみ」「自分を傷つけた者を、赦し、受け入れる愛」であると説かれた。

誰もがいつくしみや赦しなしでは生きることができない。それゆえ、殺すことが、誰かを破壊する、排除することであるならば、殺さないとは、その人を大切にし、価値を与え、受け入れ、赦すことである、と教皇は語られた。

教皇は、「十戒」の「殺してはならない」という掟は、最も重要で本質的な呼びかけ、すなわち「愛への招き」である、と話された。

 

17 10月 2018, 17:33
Facebook にシェア
[`evernote` not found]