月別アーカイブ: 2019年1月

パナマ司牧訪問を報告、教皇一般謁見

2019年1月30日バチカン放送日本語課の記事より。

パナマ司牧訪問を報告、教皇一般謁見

教皇フランシスコは、一般謁見の席で、先日終了したパナマ司牧訪問を振り返られた。

教皇フランシスコは、1月30日、バチカンのパウロ6世ホールで、水曜恒例の一般謁見を行われた。

謁見中の講話で、教皇は先日行われたパナマ司牧訪問について報告された。

教皇は、1月23日(水)から27日(月)まで、カトリックの若者たちの祝祭「世界青年の日(ワールドユースデー、WYD)大会」出席を目的に、開催国パナマを訪れていた。

パナマで受けた温かいもてなしに感謝を述べた教皇は、人々の歓迎の中でも、特に子どもを腕に高く掲げた多くの両親たちの姿を思い出された。

「この子はわたしの誇り、わたしの未来です」と言っているかのような、これらの両親たちに、教皇は尊厳を見出すと共に、人口減少という「冬」を体験している欧州に対し、子どもたちこそが未来の安定を保証するというメッセージを感じたと述べられた。

この「ワールドユースデー・パナマ大会」に先立ち、先住民族の若者たちの集いが行われたことを、教皇はラテンアメリカの教会の多様性を示す重要な行事として評価された。

教皇は、WYD大会のため世界中から集った、国籍も言語も異なる若者たちの喜びにあふれたシンフォニーは、民族間の出会いに自らを閉ざす今日の紛争的な国家主義に対抗する、預言的なしるしであった、と語られた。

「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように」(ルカ1,38)という受胎告知のマリアの言葉をテーマにしたWYDパナマ大会は、マリアのように神に「はい」と答えるよう、新しい世代を励ますものとなったと教皇は説明された。

特に「十字架の道行き」では、十字架を担ぐイエスの後をマリアと共に歩むことが、忍耐強く、静かな、具体的な愛の学び舎となることを説いた、と述べた。

また、WYD大会記念ミサの前夜祭では、神のご計画に「はい」と答えることによって世界の歴史に影響を与えることになったマリアを、「神のインフルエンサー」として若者たちに示した、と教皇は話された。

閉会行事であるWYDパナマ大会記念ミサでは、「明日」ではなく「今」が大切であると説き、「いつかそのうち」ではなく「今」福音を生きるようにと招いた、と話された。

さらに教皇は、この機会に少年刑務所で赦しの秘跡をとり行われたこと、エイズ患者のためのファミリーホームを訪れたことなどを紹介。

中米諸国の司教らとの出会いでは、聖オスカル・ロメロ大司教を模範として示し、パナマ大司教区のカテドラルでは、新しい祭壇の聖別式をとり行ったことなどを振り返られた。

30 1月 2019, 16:50
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[クララ]沈黙の中で[2019.1.31.オミリア]

《年間第3木曜日:聖ヨハネ・ボスコ司祭》聖クララ修道会聖堂で6時30分から行われたミサのオミリア[6分]を聴くことができます。

聖ヨハネ・ボスコ司祭:一八一五年、トリノ教区のカステルヌオーボ近郊に生まれる。辛苦に満ちた幼少期を経て司祭となり、青少年の教育に全力を注ぎ、若者に職業やキリスト教的生活を修得させる修道会(サレジオ会)を創立した。また、多くの護教的な著作をも著した。一八八八年に死去。(『毎日の読書』より)

当日の聖書朗読箇所をぜひお読みになってください。あなたへのメッセージに気づかれると思います。少しずつ慣れて来られると「み言葉」があなたの中で生きていることを感じられるでしょう

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

【福音】[そのとき、イエスは人々に言われた。]「ともし火を持って来るのは、升(ます)の下や寝台の下に置くためだろうか。燭台(しょくだい)の上に置くためではないか。隠れているもので、あらわにならないものはなく、秘められたもので、公(おおやけ)にならないものはない。聞く耳のある者は聞きなさい。」また、彼らに言われた。「何を聞いているかに注意しなさい。あなたがたは自分の量る秤(はかり)で量り与えられ、更にたくさん与えられる。持っている人は更に与えられ、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。」(マルコ福音書4章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

ビデオ:教皇のパナマ司牧訪問・最終日

2019年1月28日バチカン放送日本語課の記事より。

ビデオ:教皇のパナマ司牧訪問・最終日 *上の「記事」をクリック

教皇フランシスコは、パナマ司牧訪問の最終日、2019年1月27日、「ワールドユースデー(WYD)パナマ大会」の記念ミサをもって、この大会を閉会された。教皇はこの後、パナマ市内のカトリック系医療福祉施設を訪問。ロンメル・フェルナンデス競技場でWYD大会ボランティアたちをねぎらわれ、トクメン国際空港から帰国の途につかれた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[クララ]実りは畑しだい[2019.1.30.オミリア]

《年間第3水曜日》聖クララ修道会聖堂で6時30分から行われたミサのオミリア[2分]を聴くことができます。

当日の聖書朗読箇所をぜひお読みになってください。あなたへのメッセージに気づかれると思います。少しずつ慣れて来られると「み言葉」があなたの中で生きていることを感じられるでしょう

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

【福音】[そのとき、]イエスは、再び湖のほとりで教え始められた。おびただしい群衆が、そばに集まって来た。そこで、イエスは舟に腰を下ろし、湖の上におられたが、群衆は皆、湖畔にいた。イエスはたとえでいろいろと教えられ、その中で次のように言われた。「よく聞きなさい。種を蒔く人が種蒔きに出て行った。蒔いている間に、ある種は道端に落ち、鳥が来て食べてしまった。ほかの種は、石だらけで土の少ない所に落ち、そこは土が浅いのですぐ芽を出した。しかし、日が昇ると焼けて、根がないために枯れてしまった。ほかの種は茨の中に落ちた。すると茨が伸びて覆いふさいだので、実を結ばなかった。また、ほかの種は良い土地に落ち、芽生え、育って実を結び、あるものは三十倍、あるものは六十倍、あるものは百倍にもなった。」そして、「聞く耳のある者は聞きなさい」と言われた。イエスがひとりになられたとき、十二人と、イエスの周りにいた人たちとが、たとえについて尋ねた。そこで、イエスは言われた。「あなたがたには神の国の秘密が打ち明けられているが、外の人々には、すべてがたとえで示される。それは、『彼らが見るには見るが、認めず、聞くには聞くが、理解できず、こうして、立ち帰って赦されることがない』ようになるためである。」また、イエスは言われた。「このたとえが分からないのか。では、どうしてほかのたとえが理解できるだろうか。種を蒔く人は、神の言葉を蒔くのである。道端のものとは、こういう人たちである。そこに御言葉(みことば)が蒔かれ、それを聞いても、すぐにサタンが来て、彼らに蒔かれた御言葉を奪い去る。石だらけの所に蒔かれるものとは、こういう人たちである。御言葉を聞くとすぐ喜んで受け入れるが、自分には根がないので、しばらくは続いても、後で御言葉のために艱難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまう。また、ほかの人たちは茨の中に蒔かれるものである。この人たちは御言葉を聞くが、この世の思い煩(わずら)いや富の誘惑、その他いろいろな欲望が心に入り込み、御言葉を覆いふさいで実らない。良い土地に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて受け入れる人たちであり、ある者は三十倍、ある者は六十倍、ある者は百倍の実を結ぶのである。」(マルコ福音書4章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

「『神の今』に参与するよう招くイエス」教皇、WYDパナマ大会閉会ミサで

2019年1月28日バチカン放送日本語課の記事より。

「『神の今』に参与するよう招くイエス」教皇、WYDパナマ大会閉会ミサで

「世界青年の日(ワールドユースデー、WYD)大会」の記念ミサが、教皇フランシスコによって司式された。これをもってWYDパナマ大会は閉会した。

教皇フランシスコは、1月27日、パナマ司牧訪問の最終日、「世界青年の日(ワールドユースデー、WYD)大会」の頂点かつ閉会行事である、大会記念ミサを捧げられた。

この早朝、ミサ会場のパナマ市郊外、カンポ・サン・フアン・パブロIIには、26日の前夜祭から、そのまま夜を明かした多くの若者たちのテントが色とりどりに広がった。

特別車パパモービルで会場入りした教皇は、世界各国の旗を振るおよそ70万人の参加者に迎えられ、ミサを司式された。

このミサには、パナマ大統領をはじめ、コスタリカ、コロンビア、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドル、そしてポルトガルの各国大統領が参列した。

教皇はミサの中で、ルカ福音書の、ナザレの会堂でイエスが預言者イザヤの巻物を朗読し、説教を行う場面を観想された。

「会堂にいるすべての人の目がイエスに注がれていた。そこでイエスは、『この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した』と話し始められた」(参照:ルカ4,18-19)

「今日、実現した」というイエスの言葉を示された教皇は、「イエスは『神の今』を啓示し、わたしたちもその『今』に参与するようにと、わたしたちに会いに来られる」と話された。

ナザレの人々がそうであったように、わたしたちも神を素晴らしく、善良で、寛大、しかし遠くにいる、めんどうでない存在にしたがる、と教皇は指摘。

しかし、わたしたちの近くに、日常的に、友人・兄弟としておられる神は、わたしたちに寄り添いを、日常性を、そして何よりも兄弟愛を学ぶようにと望んでおられる、と語られた。

教皇は、若者たちに、「皆さんの使命や召命、また人生そのものは、未来のためだけに約束されたものでも、現在とは何の関係のないものでもない。若いとは、待合室で自分の順番を待つことと同様ではない」と助言。

「そのうちに」と思いながら、確実で安全な未来ばかりを思い描き、自分を問いただすこともしない間に、皆さんの夢は価値を失い、眠り込み、小さく、悲しい幻想となってしまうと注意を促された。

「明日ではなく、今」と強調される教皇は、イエスには「そのうち」は存在せず、そこにあるのは皆の心に入ろうとするいつくしみの愛、与えると共に、与えるようにと招く愛であると話された。

神のご計画に「はい」と答えたマリアは、神とその約束を信じただけでなく、「神の今」に参与する勇気を持っていた、と教皇は説かれた。

教皇は、ナザレの会堂で起きたように、今日もイエスはわたしたちの間に再びお立ちになり、巻物を朗読し、「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」と言われている、と話された。

28 1月 2019, 19:44
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[クララ]血縁を超えた関係[2019.1.29.オミリア]

《年間第3火曜日》聖クララ修道会聖堂で6時30分から行われたミサのオミリア[4分]を聴くことができます。

当日の聖書朗読箇所をぜひお読みになってください。あなたへのメッセージに気づかれると思います。少しずつ慣れて来られると「み言葉」があなたの中で生きていることを感じられるでしょう

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

【福音】[そのとき、]イエスの母と兄弟たちが来て外に立ち、人をやってイエスを呼ばせた。大勢の人が、イエスの周りに座っていた。「御覧なさい。母上と兄弟姉妹がたが外であなたを捜しておられます」と知らされると、イエスは、「わたしの母、わたしの兄弟とはだれか」と答え、周りに座っている人々を見回して言われた。「見なさい。ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。神の御心(みこころ)を行う人こそ、わたしの兄弟、姉妹、また母なのだ。」(マルコ福音書3章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

WYDパナマ2019終了:次回大会はリスボンで

2019年1月27日バチカン放送日本語課の記事より。

WYDパナマ2019終了:次回大会はリスボンで

「世界青年の日(ワールドユースデー、WYD)パナマ大会」は、教皇フランシスコの司式による大会記念ミサをもって、閉会した。次回大会は、2022年、リスボンで開催される。

教皇フランシスコのパナマ司牧訪問は、1月27日、いよいよ最終日を迎えた。

この日、教皇は、パナマ市郊外のカンポ・サン・フアン・パブロIIで、「ワールドユースデー・パナマ大会」の閉会行事として、およそ70万人の若者たちと共に、記念ミサを祝われた。

ミサの終わりに、「教皇庁信徒・家・いのちの部署」の長官、ケビン・ファレル枢機卿によって、次回のワールドユースデー大会の開催地が発表された。

次回の大会は、2022年、ポルトガルの首都リスボンで行われることが明らかになった。

27 1月 2019, 19:01
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

WYDパナマ大会:教皇「神の愛の変容する力に信頼する」閉会前の前夜祭

2019年1月27日バチカン放送日本語課の記事より。

*上の「記事」をクリックすると動画を観ることができます。

WYDパナマ大会:教皇「神の愛の変容する力に信頼する」閉会前の前夜祭

教皇フランシスコは、「ワールドユースデー(WYD)パナマ大会」閉会を控え、若者たちと前夜祭を行われた。

1月26日、教皇フランシスコのパナマ訪問は、すでに4日目を迎え、あと1日を残すのみとなった。

22日から始まった「世界青年の日(ワールドユースデー、WYD)パナマ大会」は、23日の教皇到着後、日増しに熱気を帯びている。

26日夕方からは、翌日の閉会行事である大会記念ミサに向け、教皇と若者たちによる前夜祭が行われた。

パナマ市郊外のカンポ・サン・フアン・パブロIIで開催されたこの前夜祭には、およそ60万人が参加した。

集いは、「生命の樹」とタイトルされたダンスによるパフォーマンスと、障害のある子を大きな愛をもって育てる若い家族、教育や就業の機会が十分でないままに麻薬中毒に陥いるも、共同体の中で立ち直った青年、パレスチナ出身のキリスト教徒の女性の、3つの信仰体験の語りを織り交ぜながら始まった。

教皇は説教で、神がわたしたちに与える救いは、多くの人々の人生が絡み合う、一つの「愛の歴史」への招きであると話された。

わたしたちの命を最初に認めた方である神は、ご自身と一緒に、わたしたちも自分の命・人生に対し「はい」と答えることを望んでおられる、と語られた。

マリアもまた、この愛の歴史に参与するよう招かれ、驚くことになった、と教皇は述べ、マリアは今日のソーシャル・ネットワーク上の「インフルエンサー」とは異なるが、神の愛と約束に信頼し、その招きに「はい」と答える勇気を持つことで、歴史に最も大きな影響を与える女性となった、と説かれた。

若いマリアが天使に答える「お言葉どおり、この身に成りますように」という返事の驚くべき力を教皇は観想しつつ、マリアの「はい」は受け身でも、諦めでもなく、リスクを恐れない人の言葉であったと話された。

この「はい」は何世代もの間、キリスト者たちの間で響いてきたと述べた教皇は、舞台で信仰体験を語った人々の人生に、神の招きに「はい」と答えたマリアの勇気を見出された。

若者が仕事も、教育も、共同体も、家族も持たない時、その人は虚しさのうちに、生き、闘い、愛する勇気をなくし、自分自身の存在価値さえも失ってしまうと教皇は話し、「自分は他人や社会のためにもはや存在しないと考える若者が、どうして神が彼のために存在すると考えることができるだろうか」と問われた。

教皇は青少年の父、ドン・ボスコの例を示しつつ、ドン・ボスコは遠い特殊な場所に若い人たちを捜しに行ったのではなく、街の中で身近に起きているすべてのことを、神の目で見つめるうちに、学校も仕事も助けもないまま見捨てられている、あまりに多くの子どもや青年たちの存在に心を打たれることになった、と振り返られた。

ドン・ボスコは、第一歩として、自分が置かれた目の前の状況を受け入れ、次の一歩として、青少年と一緒に共同体=家族をつくり、彼らがそこで仕事や勉強を通して、愛されていると感じることができるようにし、「天国にたどりつくためにつかまる根となるもの」を彼らに与えた、と教皇は説明された。

イエスは、重い皮膚病の人や、目の見えない人、麻痺のある人、ファリサイ派の人や、罪びとや、十字架上の泥棒に至るまでを抱擁されたが、それは「愛する者だけが、救われる」からである、と教皇は強調。

「自分が根を伸ばすことのできる共同体や家庭がある時、人はいつでも一からやり直すことができる。」

「神は一人ひとりの具体的な顔を通してそこにおられる。マリアのように、神の愛の歴史に『はい』と答えることは、自分の町や教会共同体の中で、新しい関係を抱き、築いていくための道具となること。」

「明日を生み出す勇気を持ち、神の愛の変容する力に信頼する人が増える時、世界はより良いものになるだろう」

教皇はこのように話された。

27 1月 2019, 18:37
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

ビデオ:教皇のパナマ司牧訪問4日目

2019年1月27日バチカン放送日本語課の記事より。

ビデオ:教皇のパナマ司牧訪問4日目 *上の「記事」をクリック

教皇フランシスコのパナマ司牧訪問は、2019年1月26日、4日目を迎えた。同日午前、教皇はパナマ市内のカテドラルで教会関係者とミサを捧げ、修復を終えた聖堂内の新しい祭壇を聖別された。正午には「ワールドユースデー(WYD)大会」参加の若者たちの代表と昼食。夕方からWYD大会閉会前の前夜祭に出席された。
27 1月 2019, 12:01
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

ビデオ:教皇のパナマ司牧訪問3日目

2019年1月26日バチカン放送日本語課の記事より。

ビデオ:教皇のパナマ司牧訪問3日目 *上の「記事」をクリック

「ワールドユースデー大会」のためにパナマを訪れている教皇フランシスコは、訪問3日目の2019年1月25日、午前、パコラの少年刑務所で受刑者らと祈り、告解を聴かれ、午後、パナマ市海岸地帯で若者たちと「十字架の道行き」をとり行われた。
Facebook にシェア
[`evernote` not found]