月別アーカイブ: 2019年4月

[小郡]復活節第2主日:神のいつくしみの主日[2019.4.28.]

《復活節第2主日:神のいつくしみの主日》小郡教会で11時から行われた典礼の動画を観ることができます。二人の高齢者の方が入信の秘跡(洗礼・堅信・聖体)を受けられました。*動画中、個人名、年齢は省略されています。

【福音】その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。そう言って、手とわき腹とをお見せになった。弟子たちは、主を見て喜んだ。イエスは重ねて言われた。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。」十二人の一人でディディモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。そこで、ほかの弟子たちが、「わたしたちは主を見た」と言うと、トマスは言った。「あの方の手に釘の跡を見、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」このほかにも、イエスは弟子たちの前で、多くのしるしをなさったが、それは、この書物には書かれたいない。これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである。(ヨハネによる福音20章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[鳥栖]復活節第2主日:神のいつくしみの主日[2019.4.28.]

《復活節第2主日:神のいつくしみの主日》鳥栖教会で8時30分から行われた典礼における説教[8分]を聴くことができます。

[鳥栖]ここをクリックして聴くことができます。

《2019.4.11. ローマ教皇、靴にキス 南スーダンの和平の願い》

【福音】その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。そう言って、手とわき腹とをお見せになった。弟子たちは、主を見て喜んだ。イエスは重ねて言われた。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。」十二人の一人でディディモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。そこで、ほかの弟子たちが、「わたしたちは主を見た」と言うと、トマスは言った。「あの方の手に釘の跡を見、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」このほかにも、イエスは弟子たちの前で、多くのしるしをなさったが、それは、この書物には書かれたいない。これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである。(ヨハネによる福音20章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[小郡]復活節第2主日:神のいつくしみの主日前晩[2019.4.27.]

《復活節第2主日:神のいつくしみの主日前晩》小郡教会で19時30分から行われた典礼における説教[17分]を聴くことができます。

[小郡]ここをクリックして聴くことができます。

【福音】その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。そう言って、手とわき腹とをお見せになった。弟子たちは、主を見て喜んだ。イエスは重ねて言われた。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。」十二人の一人でディディモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。そこで、ほかの弟子たちが、「わたしたちは主を見た」と言うと、トマスは言った。「あの方の手に釘の跡を見、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」このほかにも、イエスは弟子たちの前で、多くのしるしをなさったが、それは、この書物には書かれたいない。これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである。(ヨハネによる福音20章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[クララ]教会のモデル[2019.4.30.オミリア]

《復活節第2火曜日》聖クララ会修道院聖堂で6時30分から行われたミサのオミリア[6分]を聴くことができます。

当日の聖書朗読箇所をぜひお読みになってください。あなたへのメッセージに気づかれると思います。少しずつ慣れて来られると「み言葉」があなたの中で生きていることを感じられるでしょう

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

【第一朗読】信じた人の群れは心も思いも一つにし、一人として持ち物を自分のものだと言う者はなく、すべてを共有していた。使徒たちは、大いなる力をもって主イエス・キリストの復活を証しし、皆、人々から非常に好意を持たれていた。信者の中には、一人も貧しい人がいなかった。土地や家を持っている人が皆、それを売っては代金を持ち寄り、使徒たちの足もとに置き、その金は必要に応じて、おのおのに分配されたからである。たとえば、レビ族の人で、使徒たちからバルナバ—「慰めの子」という意味—と呼ばれたいた、キプロス島生まれのヨセフも、持っていた畑を売り、その代金を持って来て使徒たちの足もとに置いた。(使徒言行録4章)

【福音】[そのとき、イエスはニコデモに言われた。]「あなたがたは新たに生まれねばならない。風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。霊から生まれた者も皆そのとおりである。」するとニコデモは、「どうして、そんなことがありえましょうか」と言った。イエスは答えて言われた。「あなたはイスラエルの教師でありながら、こんなことが分からないないのか。はっきり言っておく。わたしたちは知っていることを語り、見たことを証ししているのに、あなたがたはわたしたちの証しを受け入れない。わたしが地上のことを話しても信じないとすれば、天上のことを話したところで、どうして信じるだろう。天から降って来た者、すなわち人の子のほかには、天に上った者はだれもいない。そして、モーセが荒れ野で蛇を上げたように、人の子も上げられねばならない。それは、信じる者が皆、人の子によって永遠の命を得るためである。」(ヨハネ福音書3章)

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇「信仰をもってイエスに近づき、平和と喜びと使命に心を開こう」

2019年4月28日バチカン放送日本語課の記事より。

教皇「信仰をもってイエスに近づき、平和と喜びと使命に心を開こう」

教皇フランシスコは、4月28日(日)正午、巡礼者と共にレジーナ・チェリの祈りを唱えられた。

祈りの前の説教で、教皇はこの日の福音朗読箇所、ヨハネ福音書中の、復活したイエスが弟子たちに現れる場面(20,19-31)を取り上げられた。

イエスは復活した日の夕方、弟子たちの前に現れ、「平和」と「喜び」、「ミッション」という、3つの贈り物をもたらした、と教皇は話された。

イエスが最初に弟子たちに向けた言葉、それは「あなたがたに平和があるように」(ヨハネ20,19、20,21)というものだった。

教皇は、「復活のイエスは、真の平和をもたらす。なぜなら、イエスはご自身の十字架上での犠牲を通して、神と人間の和解を実現し、罪と死に打ち勝ったからである」と話された。

イエスの十字架上での死によって、弟子たちは失望と恐れの中に突き落とされたが、復活されたイエスは弟子たちの間に立ち、栄光ある体の傷を示しながら、ご自身の勝利の実りである平和を与えられた、と教皇は話された。

イエスが来られた時、その場にいなかったトマスは、イエスの傷に触れなければ、自分は決して信じないと言ったが、八日の後、イエスは再び現れ、トマスに手でご自分の傷に触るようにと招いた。

教皇は、「イエスの無限の愛のしるしであるその傷は、平和の源泉である」と述べた。

そして、イエスがご自分の傷に触れるように招くのは、まるで「あなたに平和がないのなら、わたしの傷に触れなさい」と言っているかのようである、と語られた。

教皇は、世の中の多くの困難、迫害や、病気、苦しみは、イエスの傷の象徴と述べ、心に平和がない人は、苦しむ兄弟たちのもとを訪れ、その傷に触れることで、その傷からいつくしみが湧き出すのを知る、と話された。

また、「弟子たちは、主を見て喜んだ」(同20,20)とあるように、復活したイエスは、弟子たちに大きな喜びを与えると共に、「父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす (同20,21)と、彼らに使命を授けられたことを、教皇は指摘された。

教皇は、この「神のいつくしみの主日」、わたしたちは信仰をもってイエスに近づき、平和と喜びとミッションに心を開くよう招かれている、と説かれた。

28 4月 2019, 19:04
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇、リビアで勾留中の難民と、南アフリカの水害犠牲者のために祈る

2019年4月28日バチカン放送日本語課の記事より。

教皇、リビアで勾留中の難民と、南アフリカの水害犠牲者のために祈る

教皇フランシスコは、日曜正午の祈りで、リビアの収容所内の難民のために祈ると共に、 南アフリカの水害の犠牲者を悼まれた。

教皇フランシスコは、4月28日(日)バチカンで行われた正午の祈りで、リビアの収容所に勾留される難民の状況を案じられた。

教皇は、武力衝突が続くリビアで、以前から深刻な状態にあった収容所の難民たちが、紛争のために、より大きな危険にさらされていることに憂慮を表明。

特に女性、子ども、病者らが、人道回廊を通して一刻も早く脱出できるようにとアピールされた。

また、教皇は、数日前の大雨による水害で多くの犠牲者を出した南アフリカに言及。

この災害の犠牲者のために祈るよう招きながら、被災地の人々にわたしたちの連帯と国際社会の具体的な支援が欠けることがないようにと願われた。

28 4月 2019, 15:27
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

日本カトリック司教協議会の高見会長(長崎大司教)が未成年性的虐待被害者に謝罪、全国調査を約束

日本カトリック司教協議会の高見会長(長崎大司教)が未成年性的虐待被害者に謝罪、全国調査を約束

 クリスチャンプレスhttps://www.christianpress.jp/investigate-sexual-abuse-by-catholic-priests-in-japan/などキリスト教系のニュースサイトがこのほど伝えたところによると、7日に東京・渋谷の国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれた「施設内虐待を許さない会」主催の「カトリック神父の子どもへの性虐待! 日本でも」と題する集会に、カトリック司教協議会会長の高見三明・長崎大司教が参加。聖職者による性的虐待の被害者に謝罪、国内の実態調査を全国16の司教区で開始することを決めたことを明らかにした。

 司教協議会では、米国などで聖職者による未成年性的虐待問題が噴出し始めた2002年から二度にわたって、被害の実態調査をしているが、被害の報告があったにもかかわらず、教会や修道会での対応などを明らかにしていなかった。

 7日の集会には、「文藝春秋」3月号の広野真嗣氏の調査報道記事「カトリック神父『小児性的虐待』を実名告発する “バチカンの悪夢”が日本でもあった!」で、被害を公にした竹中勝美氏が出席。成人してからも当時の記憶が突然よみがえり、苦しんできた体験を語った。

 高見会長は、竹中氏に「話を聞きたい」と手紙を送り、この集会が開かれることを知って参加。会場で主催者から発言を求められ、「聖職者によって性的虐待を受けた人が勇気を持って語ってくださったことに深い敬意を表したい。私たちが十分なことができず、苦しい思いをさせていることを本当に申し訳ないと思っている」と謝罪。竹中氏が歩み寄って握手をした。

 クリスチャンプレスによると、「世界で起きているさまざまな性的虐待に教会は本来立ち向かっていかなければいけない。世論を高め、専門的な知識を結集して、改善に取り組みたい」とする高見会長に対して、竹中氏は「宗教者が弱い者の側に立って率先して虐待に立ち向かってくれるなら、ぜひ協力したい」と答えたという。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[小郡][鳥栖]ミサ時間と場所(2019.4.27.〜2019.5.12.)

6月一杯までの主日ミサ時間

★鳥栖教会8時30分〜(*4月の子どもとともにささげるミサはなし)

★小郡教会11時〜

主日のミサは生活の力になります。月に一度でも参加できるようにスケジュールを調整してください。み言葉とご聖体の食卓に神が呼んでくださってます。

平日のミサは通常、火曜日から金曜日まで聖クララ修道院で6時30分からしています。ゆっくり静かに捧げられるミサです。自由に参加できます。ミサが無い場合も時としてあります。毎週のお知らせを参照してください。

 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇「教会にいのちを注ぐ神の御言葉」カトリック聖書連盟の会議参加者と

2019年4月26日バチカン放送日本語課の記事より。

教皇「教会にいのちを注ぐ神の御言葉」カトリック聖書連盟の会議参加者と

教皇フランシスコは、カトリック聖書連盟主催の国際会議参加者に挨拶をおくられた。

教皇フランシスコは、4月26日、「カトリック聖書連盟」が主催した国際会議の参加者とお会いになった。

この国際会議は、同連盟創立50年を記念して行われたもの。

参加者への挨拶で教皇は、会議のテーマである「聖書といのち」という、二つの言葉に注目。

「神の御言葉は生きたものであり、いのちを与えるもの」、「いのちの与え主である聖霊は、神の御言葉を通して働くことを愛され、こうして、御言葉は世界に神の息吹を伝え、人々の心に主の温かさをもらたす」と、話された。

また、「薪がそれ自体では熱を放てず、燃えるために火を必要とするように、聖書が人々の心の中で燃え、いのちとなるためには、聖霊の力が必要」、「聖書は、単に研究対象としての聖なる文書の集まりではなく、世に広めるべき、いのちの言葉である」とも語られた。

「神の御言葉は、教会にいのちを注ぐ、かけがえのないものである」と述べた教皇は、それゆえに、説教がいかに重要であるかを強調。

説教とは、聖霊とみことばを分け与えることであり、説教師は自分の心に触れた御言葉を通して、その御言葉の持つ熱さと聖性を伝えなければならないと話された。

「多くの言葉が過剰にあふれる今日において、わたしたちは永遠の命の唯一の言葉、イエスの言葉を置き去りにしてはならない。その御言葉こそ、わたしたちが毎日必要としているものである」と教皇は話し、教会が「御言葉に養われ、御言葉を告げるために生きる」ことを願われた。

26 4月 2019, 19:00
Facebook にシェア
[`evernote` not found]