教皇、韓国と北朝鮮の首脳会談に向けてアピール

2018年4月25日バチカン放送日本語課の記事より

教皇、韓国と北朝鮮の首脳会談に向けてアピール

教皇フランシスコは、韓国と北朝鮮による南北首脳会談を前に、この会談を機に和解と平和が推進されるようアピールされた。

4月25日、教皇はバチカンで行われた一般謁見の席で、4月27日(金)に板門店で開催される韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による南北首脳会談に言及。

この会談が、朝鮮半島と全世界に平和を保証するための、透明性ある対話と、和解と兄弟愛を再び構築するための具体的プロセス開始のまたとない機会となるようにと期待された。

教皇は、平和を熱望する朝鮮半島の人々に、ご自身の祈りと、カトリック教会全体の精神的一致を約束された。そして、人民間の出会いと友好を目指し、より良い未来を築くあらゆる有益で誠実な取り組みを支え励ます、教皇庁の姿勢を示された。

教皇は、直接的政治責任を負う人々に向けて、平和を作り出す人として、希望の勇気を持ち、すべての人の善を目指す歩みを信頼をもって進むよう励まされた。

「神はすべての人の父、平和の父である」と述べた教皇は、朝鮮半島の人々のために、「主の祈り」を信者と共に唱えられた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA