教皇、来年の訪日実現への期待を述べる

2018年9月12日バチカン放送日本語課の記事より。

教皇、来年の訪日実現への期待を述べる

教皇フランシスコは、来年、日本を訪れたいとの希望を述べられた。

教皇フランシスコは、9月12日、日本の「天正遣欧使節顕彰会」の関係者とお会いになった。

バチカンのパウロ6世謁見ホールの小ホールで行われた謁見で、教皇は関係者らを温かく迎えられた。

この席で教皇は、「皆さんのこの訪問を機会に、来年、訪日したいと、わたしが望んでいることをお伝えしたいと思います。実現を期待しましょう」と述べられた。

教皇は、公式の挨拶の後、この言葉をサプライズとして加えられた。

教皇はこの出会いで「宗教や文化、経済界が、より人間的で、統合的エコロジーを特徴とする世界の構築のために、平和的に協力できるように」と語られた。

12 9月 2018, 11:36
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA