バチカン国務長官「教皇は北朝鮮訪問に前向きな回答」

2018年10月19日バチカン放送日本語課の記事より。

バチカン国務長官「教皇は北朝鮮訪問に前向きな回答」

バチカン国務長官ピエトロ・パロリン枢機卿は、教皇フランシスコが北朝鮮を訪問することに前向さを示した、と明らかにした。

バチカン国務長官ピエトロ・パロリン枢機卿は、教皇フランシスコが北朝鮮を訪問することに対し、前向きな姿勢を表明したと述べた。

同枢機卿は、10月18日、聖パウロ6世の回勅をめぐる本、「回勅『フマネ・ヴィテ』の誕生」(バチカン出版局)の記者発表の席で、報道関係者の質問に答えた。

パロリン枢機卿は、すでに報道されているように、韓国の文在寅大統領が、教皇フランシスコとの会談の際、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長からの教皇の訪朝を望むとの旨を伝え、教皇がこれに前向きさを示したのは、本当であると述べた。

韓国大統領はこの件を口頭で伝え、教皇もそれに対し口頭で答えたであろうという意味で、これはまだ最初のアプローチの段階であると、同枢機卿は話した。

パロリン国務長官は、この訪問を真剣に検討する段階になれば、当然、それを実現するための条件が要求されると述べると共に、自身の見解では、こうした訪問には、周到な準備と考察が必要と語った。

教皇の訪問はどのような貢献をもたらすかという質問に対し、同国務長官は、今回の韓国大統領のバチカン訪問が、朝鮮半島の平和と非核化のプロセスに寄与しているように、教皇の訪問も同様の貢献をもたらすだろうと話した。

 

19 10月 2018, 15:26
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA