教皇、南スーダンの指導者らに平和を願う

2019年4月11日バチカン放送日本語課の記事より。

教皇、南スーダンの指導者らに平和を願う

教皇フランシスコは、バチカンでの黙想会に参加した南スーダンの指導者らに、同国の平和を願われた。

南スーダンの政治リーダーおよびキリスト教諸教会の指導者らは、バチカンのサンタ・マルタ館で、4月10日と11日、2日間の黙想を行った。

この黙想会は、英国国教会のジャスティン・ウェルビー・カンタベリー大主教による提案と、教皇フランシスコの協力により実現したもので、サルバ・キール・マヤルディ南スーダン大統領と、今年5月12日より就任する5人の副大統領のうち4人、また、同国のエキュメニカル評議会のメンバー8人が参加した。

11日午後、黙想終了に当たり、教皇は南スーダン指導者らに励ましの言葉を述べられた。

教皇は、「恵みの時」としてこの黙想を過ごしたリーダーたちに、戦争の火が永久に消されるよう、また南スーダンが平和と和解のしるしのもとに未来を築けるよう、心からの願いを表明された。

復活したイエスが、弟子たちの中に立って言った「あなたがたに平和があるように」という言葉は、苦悩に満ちた受難の後、死に勝利したイエスが、弟子たちに与えた最初の贈り物であった、と教皇は述べた。

そして、紛争によって大きな苦難に見舞われた南スーダンとその国民もまた、主の言葉に励まされ、この若い国を前進させる力を得ることができるよう、そして、聖霊降臨の火が若いキリスト教共同体に活力を与えたように、新しい希望の光が同国のすべての国民を照らすようにと祈られた。

11 4月 2019, 19:33
https://youtu.be/C7fszb5xxCw
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA