教皇、ヨーロッパ情勢等について語る、イタリアの新聞に

2019年8月9日バチカン放送日本語課の記事より。

教皇、ヨーロッパ情勢等について語る、イタリアの新聞に

教皇フランシスコは、イタリアの新聞のインタビューに答えられた。

教皇フランシスコは、イタリアの新聞「ラ・スタンパ」のインタビューで、ヨーロッパの情勢や、移民問題、今秋開催のシノドスなどについて語られた。

「ラ・スタンパ」のドメニコ・アガッソ記者によるインタビューで、今日のヨーロッパ情勢、特に欧州連合の現状について意見を問われた教皇は、運営問題や内部の意見対立などを抱えるEUに対し、今こそ、ヨーロッパは、地域統合の基礎を作った人々の夢に立ち返るべき、と話された。

教皇は、ヨーロッパの再挑戦は対話から始まる、と述べ、EU諸国が対話に励み、耳を傾け合い、互いを改めて知ることが大切、と述べた。

また、ヨーロッパ諸国を一致させる、ヒューマニズムやキリスト教の共通のルーツ、共有する基本的価値を再確認する必要を説かれた。

対話の姿勢として教皇は、それぞれのアイデンティティーが重要であることは言うまでもないが、自国のアイデンティティーの中に閉じ籠ってしまうことは避けなければならない、と話した。

アイデンティティーは、国としての文化的・歴史的な豊かさであるが、それを閉じたままにせず、対話によって開き、互いを豊かにしていくことが望まれる、と語られた。

こうした意味で、教皇は、EU内で広がる自国中心主義の傾向を憂慮され、それは孤立化の態度に他ならないと述べた。

国家の主権は守られるべきであるが、同時にEUという枠組みおよび他国との関係も守られるべきと指摘する教皇は、行き過ぎた自国中心主義は最後には紛争を招くと、歴史を振り返られた。

移民問題について教皇は、命の権利は、他のどの権利より重要と強調。人々が祖国を後にせざるを得なかった原因である、戦争や飢餓を思い出すことが必要と述べた。

一方で、EU各国政府は移民の受け入れ限度を慎重に考慮し、創造的な対応を追求すると共に、移民の流出を防ぐために、移民の出身国の問題の解決を助けなければならない、と話された。

今年10月、バチカンで開催される「アマゾン周辺地域のための特別シノドス」について、教皇は、これをエコロジーをテーマとしたご自身の回勅「ラウダート・シ」に関連を持つものとして位置付けられた。

しかしながら、同シノドスは当然、政治家や科学者の会議ではなく、教会のミッションをめぐるものであり、特に福音宣教の活動と方法について話し合うもの、と説明。

アマゾン地域の司祭が不足する場所で、結婚した長老を司祭に叙階する可能性については、このシノドスの中心問題ではなく、討議要綱の中の一つの項に過ぎない、と述べた。

アマゾン地域をシノドスのテーマに選択した理由について、教皇は、同地域には9か国もが関わっていること、地球の緑の肺として、未来に大きく寄与する場所であることを挙げられた。

09 8月 2019, 17:16
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA