[鳥栖]年間第20主日[2019.8.18.]

《年間第20主日》鳥栖教会で11時から行われた典礼における説教を聴くことができます。

説教中に、2019.8.9.長崎平和祈念式典「平和への誓い」山脇佳朗(やまわき よしろう)6min.を観て平和について考えました。

[鳥栖:前半3分]ここをクリックして聴くことができます。

[鳥栖:後半4分]ここをクリックして聴くことができます。

【福音】[そのとき、イエスは弟子たちに言われた。]「わたしが来たのは、地上に火を投ずるためである。その火が既(すで)に燃えていたらと、どんなに願っていることか。しかし、わたしには受けねばならない洗礼がある。それが終わるまで、わたしはどんなに苦しむことだろう。あなたがたは、わたしが地上に平和をもたらすために来たと思うのか。そうではない。言っておくが、むしろ分裂(ぶんれつ)だ。今から後、一つの家に五人いるならば、三人は二人と、二人は三人と対立して分かれるからである。父は子と、子は父と、母は娘と、娘は母と、しゅうとめは嫁と、嫁はしゅうとめと、対立して分かれる。」(ルカによる福音12章)

*本田哲郎訳:「わたしは、地上に火を放つために、来た。わたしの気がかりは、もう燃えついただろうか、ということだ。わたしには、受けねばならない『沈めの式』がある。そのことがなしとげられるまで、どれほど気がせかれることか。わたしが、地上に平和を与えるためにここにいると、あなたたちは期待しているのか。そうではない。言っておくが、むしろ、分裂だ。今からは、一つの家に五人いたら、三人が二人と、二人が三人と対立して分かれるのだ。『父親は息子と、息子は父親と、母親は娘と、娘は母親と、しゅうとめは嫁と、嫁はしゅうとめと、対立して分かれる』(ミカ7・6)」。

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。主日のミサに参加される方はぜひ「聖書と典礼」を持ち帰り、もう一度読み返すと、自分に響く言葉に触れることができるでしょう。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA