「主に従い、新しい地平へ」教皇、マダガスカルの若者たちと

2019年9月7日バチカン放送日本語課の記事より。

「主に従い、新しい地平へ」教皇、マダガスカルの若者たちと

教皇フランシスコは、マダガスカルの若者たちと祈りの前夜祭を行われた。

マダガスカル訪問中の教皇フランシスコは、9月7日、若者たちとの祈りの集いを主宰された。

この集いは、翌8日に行われる教皇ミサの前夜祭として行われたもの。

首都アンタナナリボ郊外に設けられた広大なイベントスペースには、早くから多くの若者たちが詰めかけ、教皇が到着した夕方には、参加者はおよそ10万人に達した。

この集いでは、伝統的なリズムにのったダンスがステージで披露され、代表の青年たちが信仰や生活を通して得た体験を語った。

家族の反対を受けながらも、刑務所でボランティアをしたという青年は、受刑者らとの出会いを通して、自分の人を見る目や評価の仕方が完全に変わった、と話した。

これに対し教皇は、この青年が容易い偏見や批判に陥らず、一人ひとりの人間が秘めている素質や、その人が背負っている固有の人生に気付いたことに、感謝を述べられた。

そして、教皇は、受刑者たちは自身の中の悪のためというより、誤った選択によって道を失ったという場合が多い、と話された。

教皇は、「神はわたしたちを罪や過ちで呼ばず、わたしたちの名前で呼んでくださる。神の御目には、わたしたち一人ひとりが大切に映っている」と語られた。

また、若者たちが生きる上で、安易な幻想や約束の罠に陥らないようにと注意された教皇は、主に従い、主と共にいるならば、わたしたちを麻痺させ、隷属させる声を聞き分け、自分の使命と新しい地平を見出すことができるだろう、と説かれた。

代表の一人の女性は、伝統や習慣に大きな隔たりのある部族間の軋轢や試練を超えて、互いの愛によって一致している両親の話しを紹介した。

教皇は、わたしたちは主がくださった愛と信頼を分かち合う人たちを必要としている、わたしたちは一人でも大きなことを成し遂げられるが、一緒ならば想像のつかないほどのことを夢見、それに対して努力することができる、と話された。

教皇は、家族間の絆や、人々との連帯を強め、皆が必要とされる社会のために共に働き、日常の中に小さな奇跡を見出すことを学ぶようにと、若者たちを励まされた。

07 9月 2019, 20:15
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA