教皇「天幕のように皆を受け入れる教会」一般謁見で

10月23日バチカン放送日本語課の記事より。

教皇「天幕のように皆を受け入れる教会」一般謁見で

教皇フランシスコは、一般謁見中の「使徒言行録」をめぐるカテケーシスで、パウロとバルナバの宣教旅行と、エルサレムの使徒会議をテーマに話された。

教皇フランシスコは、バチカンで10月23日、水曜恒例の一般謁見を行われた。

教皇は謁見中、「使徒言行録」をめぐるカテケーシス(教会の教えの解説)として、パウロとバルナバの宣教旅行と、「エルサレムの使徒会議」をテーマに講話された。

サウロ(パウロ)はダマスコ途上での回心の後、バルナバの仲介のおかげでエルサレムの教会に受け入れられた。しかし、ギリシャ語を話すユダヤ人たちの敵意に会い、故郷タルソスに戻っていた。

一方、エルサレムの教会からアンティオキアに派遣されたバルナバは、タルソスに行き、サウロを探し出し、アンティオキアに連れ帰った。このシリアのアンティオキアに二人は一年間滞在し、教会が根付くように助けた。

教皇は、こうしてアンティオキアが宣教の中心地となり、まさにこの地で弟子たちが初めて「キリスト者」と呼ばれるようになったことを振り返られた。

宣教旅行に出かけたパウロとバルナバは、再びシリアのアンティオキアに戻った時、神が「異邦人に信仰の門を開いてくださった」(使徒言行録14,27)ことを兄弟たちに報告した。

教皇は、「使徒言行録」からは、教会は「城塞」ではなく、「場所を広くとった天幕」(参照:イザヤ54,2)のように皆を受け入れ、「常に扉が開いている御父の家」のようであるべきことが浮かび上がってくる、と述べられた。

一方で、教会の扉が異邦人に開かれたことで論争が起こったが、それは「モーセの慣習に従って割礼を受けなければ救われない」(同15,1)という、ある人々の教えをめぐるものであった、と教皇は説明された。

この問題を明らかにしようと、パウロとバルナバは使徒や長老たちと話し合うためエルサレムに上ったが、このエルサレムの使徒会議は、教会の歴史上行われた最初の公会議といえるもの、と話された。

教皇は、この使徒会議で話し合われたことは、キリストにおける信仰とモーセの律法の遵守という、神学、霊性、規律の面からいっても大変デリケートなテーマであった、と指摘。

この話し合いで決定的であったのは、初代教会の柱であるペトロとヤコブの意見であり、それは、異邦人に割礼を強制する必要はなく、偶像崇拝的なあらゆる行為を捨てるように命ずるだけでよい、というものであった、と語られた。

教皇は、エルサレムの使徒会議は、意見の相違と向き合い、「愛に根差した真理」(参照:エフェソ4,15)を探求するための重要な光をわたしたちにもたらしてくれる、と話された。

そして、論争の教会的な解決方法の基礎は、注意深さと忍耐をもって耳を傾ける姿勢と、聖霊の光に照らされた識別にある、と強調された。

教皇は、実際、聖霊こそが、わたしたちが真理と善のうちに一致に到達できるよう、閉鎖性と緊張を克服させ、心の中で働きかけるのである、と説かれた。

23 10月 2019, 17:47
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA