四旬節:教皇とローマ教区司祭との集い

2018年2月16日バチカン放送日本語課の記事より

四旬節:教皇とローマ教区司祭との集い

教皇フランシスコは、「四旬節」の始まりにあたり、ローマ教区の司祭たちとの集いを持たれた。

復活祭に向けた準備期間、「四旬節」の始めに毎年行なわれるこの集いは、教皇がローマ教区の司教として、小教区の主任司祭や、教会系施設で司牧を担う司祭らとの一致を深めることを目的としている。

四旬節の開始を告げた「灰の水曜日」の翌日、2月15日(木)、教皇はローマ教区の司教座である、ラテランの聖ヨハネ大聖堂(サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ)を訪問、司祭たちと黙想を行なった。

教皇はこの中で、「司祭職と年齢」をテーマに講話され、司祭に訪れる様々な人生の時期、それぞれの年齢が持つ力とリスクについて、ご自分や他の司祭たちの経験を交えながら話された。

教皇は若い司祭たちに対し、各自の司祭職は唯一無二のものであり、身分証や指紋のように、その人特有の性格を持つと述べ、司祭職を生きる中で、自分自身のスタイルを作り上げていくよう励まされた。

また、それぞれの限界を認識し、その限界と対話することが大切と述べ、一人だけで生きようとせず、賢明な指導者を見つけることが必要と語られた。

また、40代から50代の司祭たちに対し、教皇はこの年代を「剪定と試練」の時期と指摘。

イエスとの関係において、若い時の情熱や感動がなくなるかのように思われるこの時、司祭たちにはますます指導者たちの助けと、多くの祈りが必要になってくると話された。

自分の霊的な子らが成長する一方で、自分自身の内的豊かさの減少を感じ、また多くの誘惑に晒される時でもあるが、それに負けることなく、同時にいろいろな物事に別れを告げることを学び始めることが大事になってくると説かれた。

さらに、教皇は50歳以上の司祭らに対しては、その賢明さや、柔和さ、助けを惜しまない態度を、役立てるように呼ばれている年齢と強調。

信者らは経験豊かな思いやりある聴罪司祭たちには気後れせず告解できるように、高齢の司祭たちにできることはたくさんあると述べられた。

特に、苦しむ信者に寄り添い、憐れみを示し、その話を聞く「耳による司牧」に、その経験を生かすよう勧められた。

教皇は、年上の司祭たちが若い司祭と対話する中で、若い世代が信仰のルーツを発見することを助けてあげて欲しいと願われた。

教皇はこの日、ローマ教区の司祭たちの告解を一時間以上にわたって聴かれた。

また、教皇は、当初の予定にはなかった、近くのローマ大神学院を訪問。「信頼の聖母」の礼拝堂で祈り、神学生らと昼食を共にされた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[小郡][鳥栖]ミサ時間と場所(2018.2.17.〜2018.3.4.)

主日のミサ時間は2018年3月まで小郡教会8時30分〜、鳥栖教会11時〜です。前晩(土曜日)のミサは毎週小郡教会で19時30分〜です。*鳥栖カトリック幼稚園園舎新築工事のため駐車場が使用できないので。

主日のミサは生活の力になります。月に一度でも参加できるようにスケジュールを調整してください。み言葉とご聖体の食卓に神が呼んでくださってます。

平日のミサは通常、火曜日から金曜日まで聖クララ修道院で6時30分からしています。ゆっくり静かに捧げられるミサです。自由に参加できます。ミサが無い場合も時としてあります。

第二、第四土曜日は朝7時から基山教会で平日のミサが行われています。清々しい空気と早朝の光りの中でのミサは心が洗われるようです。一度参加してみてください。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

灰の水曜日:教皇「四旬節を『立ち止まり、見つめ、帰る』機会に」

2018年2月15日バチカン放送日本語課の記事より

灰の水曜日:教皇「四旬節を『立ち止まり、見つめ、帰る』機会に」

教皇フランシスコは、ローマの聖サビーナ教会で、「灰の水曜日」の儀式をとり行われた。

カトリック教会の典礼暦は、2月14日、「灰の水曜日」を迎えると共に、復活祭前の祈りと償いの期間である「四旬節」に入った。

「四旬節」は、公生活に入る前のキリストが荒野で40日間の断食を行ったことを思い起こすもので、復活祭までの主日(日曜日)を除く40日間、悔悛し、祈り、断食・節制・愛徳の実践などを通して、キリストの復活の記念によりよい形で与る準備をする。またこの期間は、特に受洗を前にした洗礼志願者たちの精神的準備の時である。

四旬節の初日である「灰の水曜日」には「灰の式」が行なわれる。これは、死と悔いあらための象徴である灰を、各自の額や頭に受ける儀式。この灰には、前年の復活祭直前の日曜日、「受難の主日(枝の主日)」に祝福されたオリーブや棕櫚の枝を燃やしたものが使用される。

この日の夕方、教皇はローマ市内のアベンティーノの丘に赴かれた。

教皇はまず、聖アンセルモ教会から、聖サビーナ教会に向けて、司教・司祭・修道者・信者らと宗教行列を行われた。

毎年の伝統として教皇による「灰の式」がとり行われる聖サビーナ教会は、5世紀を起源とし、ローマにおいて初期キリスト教時代のバジリカ建築を今日に伝える貴重な例の一つとなっている。

聖サビーナ教会で捧げられたミサの中で、教皇は「灰の式」をとり行い、ご自身も頭に灰を受けられた。

教皇は説教で、四旬節はわたしたちのキリスト教生活の不協和音を正し、その生活を常に新しく、喜びにあふれ、キリストの復活の希望に満ちたものにする、またとない機会であると話された。

わたしたちは様々な誘惑に囲まれており、特に日常の浮き沈みの中の、苦しみや不安定な状態に付け込む、不信や、無気力、諦めは、信者たちの魂を腐食し、麻痺させてしまうと述べられた。

四旬節はこうした誘惑を取り除き、わたしたちの心が再びイエスの心と共に鼓動するよう戻してくれるものと教皇は語られた。

教皇は四旬節に信者たちの心を温める言葉として、「立ち止まる」「見つめる」「帰る」を挙げられた。

目まぐるしさから脱し、虚しく走り回ることをやめ、「立ち止まる」ように、と教皇は諭された。

目立ちたいという欲求、人を見下す視線、何もかも知り管理したいという態度、沈黙の豊かさを忘れた騒音の前で立ち止まり、見つめ、観想することの大切さを強調された。

家庭や、子どもたち、若者、お年寄り、病者、犯した過ちから立ち直ろうとする人たちの顔を「見つめ」、その苦しみや、希望、必要を知るように、また十字架上のキリストの御顔、その広げた両腕を見つめ、観想することで、誰をも除外しない愛、希望への招きに応えるようにと教皇は説かれた。

そして、教皇は、御父の家に「帰る」ように、いつくしみにあふれた御父の腕の中に恐れることなく帰り、その癒しと和解の力に満ちた優しさを実感するようにと、皆を招かれた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[クララ]断食とは《灰の式後の金曜日》[2018.2.16.オミリア]

《灰の式後の金曜日》聖クララ修道会聖堂で6時30分から行われたミサのオミリア[4分]を聴くことができます。

当日の聖書朗読箇所をぜひお読みになってください。あなたへのメッセージに気づかれると思います。少しずつ慣れて来られると「み言葉」があなたの中で生きていることを感じられるでしょう

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

【第一朗読】[主は言われる。]…わたしの選ぶ断食(だんじき)とはこれではないか。悪による束縛(そくばく)を断ち、軛(くびき)の結び目をほどいて虐(しいた)げられた人を解放し、軛(くびき)をことごとく折ること。更に、飢えた人にあなたのパンを裂き与え さまよう貧しい人を家に招き入れ 裸の人に会えば衣を着せかけ 同胞に助けを惜しまないこと、そうすれば、あなたの光は曙(あけぼの)のように射し出で あなたの傷は速やかにいやされる。あなたの正義があなたを先導し 主の栄光があなたのしんがりを守る。あなたが呼べば主は答え あなたが叫べば 「わたしはここにいる」と言われる。(イザヤの預言58章)

【答唱詩編】あなたのいぶきを受けて、わたしは新しくなる。

神よ、わたしのうちに清い心を造り、あなたのいぶきでわたしを強め、新たにしてください。わたしをあなたのもとから退けず、聖なるいぶきを わたしから取り去らないでください。/あなたはいけにえを望まれず、はんさいをささげても喜ばれない。神よ、わたしのささげものは打ち砕かれた心。あなたは悔い改める心を見捨てられない。(詩編51)

【福音】[そのとき、]ヨハネの弟子たちがイエスのところに来て、「わたしたちとファリサイ派の人々はよく断食(だんじき)しているのに、なぜ、あなたの弟子たちは断食しないのですか」と言った。イエスは言われた。「花婿が一緒にいる間、婚礼の客は悲しむことができるだろうか。しかし、花婿が奪い取られる時が来る。そのとき、彼らは断食することになる。」(マタイによる福音書9章)

 

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[クララ]十字架を背負って《灰の式後の木曜日》[2018.2.15.オミリア]

《灰の式後の木曜日》聖クララ修道会聖堂で6時30分から行われたミサのオミリア[4分]を聴くことができます。

当日の聖書朗読箇所をぜひお読みになってください。あなたへのメッセージに気づかれると思います。少しずつ慣れて来られると「み言葉」があなたの中で生きていることを感じられるでしょう

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

【第一朗読】[モーセは民に言った。]見よ、わたしは今日、命と幸い、死と災いをあなたの前に置く。わたしが今日命じるとおり、あなたの神、主を愛し、その道に従って歩み、その戒めと掟と法を守るならば、あなたは命を得、かつ増える。…あなたは命を選び、あなたもあなたの子孫も命を得るようにし、あなたの神、主を愛し、御声を聞き、主につき従いなさい。それが、まさしくあなたの命であり、あなたは長く生きて、主があなたの先祖アブラハム、イサク、ヤコブに与えると誓われた土地に住むことができる。(申命記30章)

【福音】[そのとき、イエスは弟子たちに言われた。]「人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちから排斥されて殺され、三日目に復活することになっている。」それから、イエスは皆に言われた。「わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを救うのである。人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の身を滅ぼしたり、失ったりしては、何の得があろうか。」(ルカによる福音書9章)

 

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

ミサにおける「信仰宣言」と「共同祈願」を考える、教皇一般謁見

2018年2月13日バチカン放送日本語課の記事より

ミサにおける「信仰宣言」と「共同祈願」を考える、教皇一般謁見

教皇フランシスコは、バチカンで2月14日、水曜恒例の一般謁見を行われた。

朝から小雨が降り、冷え込んだこの日、謁見はメイン会場である聖ペトロ広場と、病者や高齢者のための会場、パウロ6世ホールをビデオ中継で結んで行われた。

謁見中の教皇によるカテケーシス(教会の教えの解説)では、ミサ聖祭をテーマに、「ことばの典礼」の「福音朗読」と「説教」に続く、「信仰宣言」と「共同祈願」を考察した。

「福音朗読」と、それをふさわしい形で説明する「説教」に耳を傾けることは、神の民の霊的な権利に応え、神のみことばの宝を豊かに受け取ることであると教皇は強調。

主はミサの参加者、司牧者、信者、あらゆる年齢、状況の人に語りかけ、それぞれの心を叩き、慰め、呼びかけ、新しい命と和解を芽吹かせると話された。

それゆえ、教皇は説教の後の沈黙について、受け取ったみことばの種が心の中に落ちるのを待ち、一人ひとりがそれを考えることを可能にする時間であると述べられた。

この沈黙の後、参加者個人の信仰の答えが、「クレド」の形において「信仰宣言」される。

「信仰宣言」は、会衆全員で唱えられ、それは共に耳を傾けたみことばに対する共通の答えを象徴していると教皇は説明。

みことばを聞くことと信仰の間には生き生きとした結びつきがあり、実際、信仰とは人間の頭から生まれるのではなく、聖パウロが言うように「信仰は聞くことにより、しかも、キリストの言葉を聞くことによって始まる」(10,17)ものであると話された。

教皇はまた、信仰はみことばを聞くことによって養われ、それによって秘跡へと導かれるとも説かれた。

神のみことばに対する信者らの答えは、次に、教会と世界に必要なことを祈り求める「共同祈願」となって表現される。

助祭か朗読者によって一つずつ意向が読まれ、会衆は声を合わせ「主よ、わたしたちの祈りを聞き入れてください」と願う。

教皇は「あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる」(ヨハネ15,7)というイエスの言葉を引用。

しかし、信仰の薄いわたしたちは、それを信じられるよう、主に自分の弱い信仰を助けてもらう必要があると話された。

祈りの意向において、世俗的な論理による要求や、自分のことだけを願うものは、その祈りが天まで上がっていくことはないと教皇は注意された。

神の民の祈りの意向は、教会共同体と世界の具体的な必要を代弁するものでなくてはならず、ただの形式的な祈りや、近視眼的祈りであってはならないと述べられた。

「言葉の典礼」を締めくくる「共同祈願」は、ご自分のすべての子らをいつくしまれる神の眼差しを、わたしたちも持つようにと招いていると教皇は語られた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[小郡]断食・施し・祈り《灰の水曜日》[2018.2.14.説教]

《灰の水曜日》小郡教会聖堂で19時から行われたミサのオミリア[5分]を聴くことができます。*昨日は録音していません。

当日の聖書朗読箇所をぜひお読みになってください。あなたへのメッセージに気づかれると思います。少しずつ慣れて来られると「み言葉」があなたの中で生きていることを感じられるでしょう

[小郡]ここをクリックして聴くことができます。

【入祭唱】神よ、あなたはすべてのものをあわれみ、お造りになったものを一つも嫌われることはない。あなたは人の罪を見逃し、回心する人をゆるしてくださる。まことにあなたはわたしたちの神。

【集会祈願】人々の回心をお望みになる神よ、四旬節の初めに当たり、福音を信じてキリストの弟子となったわたしたちに、悪霊に対して戦う力をお与えください。聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

【福音】[そのとき、イエスは弟子たちに言われた。]「見てもらおうとして人の前で善行をしないように注意しなさい。さもないと、あなたがたの天の父のもとで報いをいただけないことになる。…(続いて、施し・祈り・断食についてのイエスの教えが伝えられる。)(マタイによる福音書6章)

【灰の祝福】皆さん、回心のしるしとしてわたしたちが頭に受けるこの灰を、神である父が祝福してくださるよう、心から祈りましょう。

全能の神よ、あなたは、罪びとの死ではなく回心を望まれます。わたしたちの祈りをいつくしみ深く聞き入れ、この灰を祝福してください。土から出て土に帰って行くわたしたちが、四旬節の務めに励み、罪のゆるしを受けて新しいいのちを得、復活された御子の姿にあやかることができますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[鳥栖]断食・施し・祈り《灰の水曜日》[2018.2.14.説教]

《灰の水曜日》鳥栖教会聖堂で11時から行われたミサのオミリア[6分]を聴くことができます。*昨日は録音していません。

当日の聖書朗読箇所をぜひお読みになってください。あなたへのメッセージに気づかれると思います。少しずつ慣れて来られると「み言葉」があなたの中で生きていることを感じられるでしょう

[鳥栖]ここをクリックして聴くことができます。

【入祭唱】神よ、あなたはすべてのものをあわれみ、お造りになったものを一つも嫌われることはない。あなたは人の罪を見逃し、回心する人をゆるしてくださる。まことにあなたはわたしたちの神。

【集会祈願】人々の回心をお望みになる神よ、四旬節の初めに当たり、福音を信じてキリストの弟子となったわたしたちに、悪霊に対して戦う力をお与えください。聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

【福音】[そのとき、イエスは弟子たちに言われた。]「見てもらおうとして人の前で善行をしないように注意しなさい。さもないと、あなたがたの天の父のもとで報いをいただけないことになる。…(続いて、施し・祈り・断食についてのイエスの教えが伝えられる。)(マタイによる福音書6章)

【灰の祝福】皆さん、回心のしるしとしてわたしたちが頭に受けるこの灰を、神である父が祝福してくださるよう、心から祈りましょう。

全能の神よ、あなたは、罪びとの死ではなく回心を望まれます。わたしたちの祈りをいつくしみ深く聞き入れ、この灰を祝福してください。土から出て土に帰って行くわたしたちが、四旬節の務めに励み、罪のゆるしを受けて新しいいのちを得、復活された御子の姿にあやかることができますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

[クララ]断食・施し・祈り《灰の水曜日》[2018.2.14.オミリア]

《灰の水曜日》聖クララ修道会聖堂で6時30分から行われたミサのオミリア[2分]を聴くことができます。*昨日は録音していません。

当日の聖書朗読箇所をぜひお読みになってください。あなたへのメッセージに気づかれると思います。少しずつ慣れて来られると「み言葉」があなたの中で生きていることを感じられるでしょう

[クララ]ここをクリックして聴くことができます。

【入祭唱】神よ、あなたはすべてのものをあわれみ、お造りになったものを一つも嫌われることはない。あなたは人の罪を見逃し、回心する人をゆるしてくださる。まことにあなたはわたしたちの神。

【集会祈願】人々の回心をお望みになる神よ、四旬節の初めに当たり、福音を信じてキリストの弟子となったわたしたちに、悪霊に対して戦う力をお与えください。聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

【福音】[そのとき、イエスは弟子たちに言われた。]「見てもらおうとして人の前で善行をしないように注意しなさい。さもないと、あなたがたの天の父のもとで報いをいただけないことになる。…(続いて、施し・祈り・断食についてのイエスの教えが伝えられる。)(マタイによる福音書6章)

【灰の祝福】皆さん、回心のしるしとしてわたしたちが頭に受けるこの灰を、神である父が祝福してくださるよう、心から祈りましょう。

全能の神よ、あなたは、罪びとの死ではなく回心を望まれます。わたしたちの祈りをいつくしみ深く聞き入れ、この灰を祝福してください。土から出て土に帰って行くわたしたちが、四旬節の務めに励み、罪のゆるしを受けて新しいいのちを得、復活された御子の姿にあやかることができますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

***ミサで読まれる聖書の言葉は「イエスのカリタス修道女会」のホームページを参照してください。聖書をお持ちであれば、ご自分の聖書を開いて読むことをお勧めします。さらにできれば、新共同訳だけでなく、他の訳(本田哲郎訳、山浦玄嗣訳など)を参照すると内容がより深まると思います***

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇、メルキト・ギリシャ典礼の司教団と

2018年2月13日バチカン放送日本語課の記事より

教皇、メルキト・ギリシャ典礼の司教団と

教皇フランシスコは、メルキト・ギリシャ典礼カトリック教会の司教団に励ましをおくられた。

メルキト・ギリシャ典礼カトリック教会の信者は、中東地域、特にシリアからレバノンにかけて多く、このほか世界の諸地域にディアスポラによる共同体がある。

同典礼の司教らは、レバノンで開催された総会の後、バチカンを訪れ、教皇との出会いやミサによってローマとの絆を新たにした。

2月12日、司教団はバチカン宮殿に教皇を訪問。

教皇は司教らへの言葉で、シリアと中東全土で人々に貴重な奉仕を続けるメルキト・ギリシャ典礼カトリック教会のために祈ると共に、よりよい生活を求めて世界各地に離散した信者らとその司牧者たちを思い起こされた。

教皇は、同教会の司教・司祭たちが自らの生き方を通して信仰を証しし、信者たちが教会の古い歴史が刻まれた土地に残ることができるよう、励まして欲しいと願われた。

2月23日に「平和のための特別な祈りと断食の日」が行なわれることに言及しながら、教皇はここ数年筆舌に尽くしがたい苦しみを体験したシリアのために祈ることを約束された。

この集いの翌日、13日朝、教皇はバチカンのサンタ・マルタ館の礼拝堂で、メルキト・ギリシャ典礼カトリック教会のユーセフ・アブシ・アンティオキア総大司教とミサを共同司式された。

ユーセフ・アブシ総大司教(71)は、シリア・ダマスカスの出身。2017年6月、メルキト・ギリシャ典礼カトリック教会のシノドスで、アンティオキアとエルサレム、東方全土における総大司教に選出された。

教皇はこのミサの意味について、一つの非常に古い教会の父としてローマを訪れたユーセフ総大司教が、ペトロ、すなわちローマ教皇を抱擁し、教皇との一致を表すためのものと説明された。

メルキト・ギリシャ典礼カトリック教会の豊かな伝統、神学、典礼に触れると共に、中東で今、迫害に苦しんでいる同教会の信者たちに思いを寄せられた教皇は、このミサをこれらの兄弟たちのために捧げられた。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]